ぎふ国際ローズフェスティバル(1)

可児市の花フェスタ記念公園で開催されている「ぎふ国際ローズフェスティバル」の招待券を頂いた。あと5日間しかないが最終日に行くことになった。
e0367158_23014898.jpg
e0367158_23014464.jpg
西ゲートをはいるとすぐに色とりどりのバラが展示してあった。フェスティバルにしては規模が小さいと思っていたら、鉢の脇に値札があり園芸業者の売り物と分かった。
e0367158_23014073.jpg
e0367158_23013675.jpg
e0367158_23012253.jpg
e0367158_23011936.jpg
それにしても色んなバリエーションがあり見飽きない。
e0367158_23011596.jpg
e0367158_23011288.jpg
e0367158_23013143.jpg
e0367158_23012882.jpg
来場者は家族連れ・カップル・国外の方々・カメラマン・車いすの方など、多くの人が楽しんで見えた。
e0367158_23004719.jpg
e0367158_23010407.jpg

[PR]

# by yoshikata15 | 2018-05-21 23:30 | イベント | Comments(0)

初夏の美濃路(2)

各務野自然遺産の森へ行ってみた。5月は初めてなのでどんな体験が出来るだろう。
e0367158_23040280.jpg
コジャノメが飛び出してきた。暗いのでisoを上げて撮ったが上手くいっていない。
e0367158_23034805.jpg
薄暗い林内でスポット的に光が差す場所に集まる傾向がある。
e0367158_23034428.jpg
危険なものに対して喚起を促す看板があった。
e0367158_23025235.jpg
開けたエリアではコミスジがテリハリしている。
e0367158_23024338.jpg
コジャノメの前翅には暗色の長い毛束があり、これは通常個体であり異常な個体ではない。
e0367158_23023878.jpg
ここでは多くのコジャノメを見た。以前訪れた秋に蚊の襲来を受けボコボコにされたが、今回は天気も良く快適に散策できた。

[PR]

# by yoshikata15 | 2018-05-20 23:40 | | Comments(0)

初夏の美濃路(1)

ナガサキアゲハを撮りたくて美濃路を訪れた。まずはうぬまの森を歩くことにした。
e0367158_22472429.jpg
天気は良かったが北の高気圧で木陰に入ると非常に涼しく、まさに薫風を心に感じて歩みを進めた。
e0367158_22472021.jpg
エニシダはほぼ終わっていたがこれはまだ辛うじて良い状態だった。
e0367158_22471557.jpg
展望台から見る街並み。ここには地元の方が沢山憩うんでいた。
e0367158_22570109.jpg
分岐点には道標があり初心者でも迷うことは無い。
e0367158_22470549.jpg
頂上付近にナミアゲハがいたが、一瞬ミカドアゲハと見間違えた。標本を見れば間違うことはないが、飛翔中は見分けがつかないことがあり、一見だけだと間違えることがある。
e0367158_22470184.jpg
頂上でキアゲハが2頭いた。何カットか撮った後カメラを変えようとしていたら、中年の女性が熱心にキアゲハを見ていた。カメラを変えて再び接近すると「これはギフチョウですか?」と尋ねられた。「いえキアゲハです」と答えましたが、一般の方のギフチョウ認識率はかなり高いと感じたひと時でした。
e0367158_22465766.jpg
駐車場に戻る途中で新鮮なクロアゲハがツツジに飛来した。
e0367158_22465238.jpg
花芯へ頭を突っ込んでしまうので、顔の見える写真は意外と難しい。
e0367158_22464753.jpg
ジョギング・散歩・登山をする人など多くの市民?を見かけた。地元民が沢山利用している施設作りは賛成だが、いくつかの施設は有効利用されない状態が続いているものが多い。多くの自治体は成功例を学んで取り組んでほしい。

[PR]

# by yoshikata15 | 2018-05-19 23:30 | | Comments(0)

国内外来種

かつて平湯にはヒメギフチョウが生息していた。一時期発生が確認されていなかったが、あるときから急に見られるようになった。元々生息していた個体群が増えたのではなく、他地域から持ち込まれたものとみられている。
e0367158_06143871.jpg
e0367158_06134343.jpg
ヤマトスジグロと思われる個体が陽光に誘われて吸蜜していた。
e0367158_06140602.jpg
高温が続いたせいかミヤマセセリが日向ぼっこしている。
e0367158_06134825.jpg
ヤマエンゴサクがあったが、吸蜜はしないで地面にしか止まらなかった。この個体はかなりスレ
ている。
e0367158_06133043.jpg
毎年駆除されているが未だ根絶出来ていないのが現状だ。開田のイエローバンドと同じように、元々生息していた地へ各当種を放すと住みついてしまう可能性が高い。集客のためホタルなどを見せるイベントなどは、元来ホタルがいないところを人がどんなに整備したも数年で消えてしまうようだ。考えて行動しないと取り返しのつかないことになり、生態系を壊してしまうことになってしまう。
e0367158_06140190.jpg

[PR]

# by yoshikata15 | 2018-05-15 06:48 | | Comments(0)

開田高原へ

越冬のヤマキチョウを撮りたくて開田高原を訪れた。スジボソは見れたがヤマキは姿が見えない。仕方ないのでイエローバンドに会いに行った。
e0367158_10343498.jpg
ヤマトスジグロと思われる個体がv字開翅をしてくれた。
e0367158_10342994.jpg
イエローバンドは白馬山麓でしか見られない形質を持ったギフチョウだが、数年前に放蝶されたものが住みついってしまった国内外来種だ。白馬でイエローバンドの割合は1~2割と言われているが、ここはその割合が本場よりも高いと言う。数回白馬に行ったがイエローバンドは見ることが出来なかった。遺伝子の攪乱をまねく他地域からの放蝶は良くないが、複雑な思いを抱きながら今回初めて撮ることが出来た。
e0367158_10342470.jpg
これは通常タイプのギフチョウだ。
e0367158_10341930.jpg
時間の経過とともにオオタチツボスミレ?で吸蜜するようになった。
e0367158_10341353.jpg
e0367158_10340730.jpg
e0367158_10340349.jpg
白馬より多いと言ってもほとんどは通常個体ばかりだ。
e0367158_10335890.jpg
カメラとレンズを新しくしたばかりなので操作がまだ慣れていなく、チャンスを逃すことが多くあったがなんとか捉えれて充実した時間を過ごすことが出来た。
e0367158_10335111.jpg
e0367158_10334277.jpg

[PR]

# by yoshikata15 | 2018-05-03 11:33 | | Comments(4)