<   2018年 04月 ( 10 )   > この月の画像一覧

我が家の春(2)

数年前に植えたコクサギが花をつけていた。庭に植えるとどんどん増えて困るようになる植物だ。
e0367158_08164144.jpg
e0367158_08164865.jpg
コスミレは最盛期だがかつては庭に沢山あったが、手入れを怠ったので今は少ししかない。
e0367158_08165470.jpg
e0367158_08165990.jpg
e0367158_08170985.jpg
中国原産のタカアシサイシンも花をつけていた。
e0367158_08171558.jpg
デワノトネリコは1週間以上早い芽吹きだ。
e0367158_08172164.jpg
e0367158_08172694.jpg
近所の人から頂いたクマガイソウは、1年目はヨトウムシに葉を喰われ2年目は花芽を付けず3年目でようやく花芽を付けた。
e0367158_08170477.jpg
1日経ったら開花した。来年は少し個体が増えてほしいと願っている。
e0367158_08251998.jpg

[PR]

by yoshikata15 | 2018-04-29 23:09 | 植物 | Comments(0)

我が家の春(1)

4月初めから異常に暖かい日が続いたので、庭の草木も芽吹きがいつもの年より1週間以上早い。洋シャクなので毎年花をつけ楽しませてくれる。
e0367158_07544842.jpg
e0367158_07545258.jpg
e0367158_07545896.jpg
朝陽があたる所にはスミレがある。大写しで見ると側弁に毛がある。
e0367158_07550209.jpg
e0367158_07550651.jpg
白花のヤマブキは東側にあり朝陽の当たる位置だ。
e0367158_07551158.jpg
e0367158_07551982.jpg
色違いの芝桜は手入れが悪いのでなかなか増えない。
e0367158_07561753.jpg
e0367158_07562395.jpg
e0367158_07562715.jpg

[PR]

by yoshikata15 | 2018-04-28 08:13 | 植物 | Comments(0)

春満喫

飛騨地方北部は多雪地帯だが、今年はいつもの年よりはかなり少なかった。ただ2月が非常に寒くまた雨がほとんど降らなかったので雪解けは進んでいなく、場所によっては例年より生物の目覚めは遅かった。日向ではヤマエンゴサクが咲き始めていた。
e0367158_22151230.jpg
花の下の苞が切れ込んでいるのがヤマエンゴサクの特徴だ。
e0367158_22150788.jpg
クルミもようやく芽吹いた状態になってきた。
e0367158_22150155.jpg
エンレイソウは花をつけていた。
e0367158_22145475.jpg
e0367158_22145014.jpg
日本海側の多雪地帯の象徴スミレサイシンは綺麗な状態のものが多かった。
e0367158_22144536.jpg
ギフチョウは1♂だけ確認できたが、風が強いこともあってよい位置取りで撮れなかった。
e0367158_22144193.jpg
e0367158_22143634.jpg

[PR]

by yoshikata15 | 2018-04-26 22:57 | 自然景観 | Comments(0)

ヒメスミレ

植物研究会のK氏から自宅近くでヒメスミレがあると教わった。
e0367158_21005270.jpg
雨が降り出す前の高曇りで撮影条件はすこぶる良い。
e0367158_21004937.jpg
綺麗な状態の花を探すのは結構時間がかかるものだ。
e0367158_21004569.jpg
ヒメスミレは距が白いことを初めて知った。
e0367158_21003588.jpg
スミレと違って、葉柄の翼は殆んどないし、葉の裏面は紫色を帯びるものが多い。
e0367158_21002561.jpg
耕作地の土手にしがみつくように咲いていたが、いつまでもこんな環境が残ってほしいと願わずにはいられなかった。

[PR]

by yoshikata15 | 2018-04-23 21:22 | 植物 | Comments(0)

アリアケスミレ

昨年秋の観察会でシロスミレの自生地を教えていただいた。そろそろ咲いているかなと思って出かけた。
e0367158_21315736.jpg
思っていたよりも多くの花が咲いていた。葉身が葉柄より長いのでシロスミレではなくアリアケスミレだ。
e0367158_21315336.jpg
側弁の基部に毛が多いのが見える。
e0367158_21314940.jpg
図鑑に寄れば中部地方では標高1000m以上にしか生えないとある。
e0367158_21314502.jpg
葉の広げ方がシロスミレは垂直に近く、アリアケは水平に近いと違いがある。
e0367158_21311447.jpg
アリアケスミレは花の色が変化に富むことから、有明の空の色になぞられてつけられた名前だそうだ。
e0367158_21310748.jpg
こういった原風景が何時までも残ってほしいものですね。
e0367158_21305991.jpg

[PR]

by yoshikata15 | 2018-04-19 21:53 | 植物 | Comments(0)

東濃の里山

東濃の里山を散策した。コバノミツバツツジが咲き始めていた。
e0367158_22344478.jpg
e0367158_22343945.jpg
刈り払われたササにモンシロチョウが弱々しく止まった。よく見ると左の前翅が折れていて正常に飛べない模様だ。
e0367158_22343459.jpg
e0367158_22343013.jpg
木立の中のスポット的な明るい空間にギフチョウが止まってくれた。
e0367158_22342610.jpg
羽化直後と思われる殆んど傷のない綺麗な個体だ。
e0367158_22340165.jpg
人家にあった椿は大部分終わっていて、状態の良いものは少なかった。
e0367158_22335711.jpg
比較的高い枝でコツバメが吸蜜していた。これもピントが甘いが、この後は合焦していないのにしたと音で知らされて、シャッターを切るとピンボケになってしまったので修理に出した。メインの機種のレンズとカメラがないのは痛い。
e0367158_22335244.jpg

[PR]

by yoshikata15 | 2018-04-12 23:03 | 自然景観 | Comments(0)

ミスミソウ

下見に行ってから3週間が経つので、少し遅いかなと思いつつ出かけた。
e0367158_22264433.jpg
前回行った時は4~50センチの雪原の林道を自生地まで歩ったが、今はすっかり雪が消えていたので楽だった。
e0367158_22264043.jpg
下見の時は蕾が全くなかったが、やはり今もその株には花なく、今までとは違ったところに花が咲いていた。
e0367158_22263515.jpg
今まで数回撮影に訪れているが、岩場以外の所では花や葉は見たことがなく、こんなに沢山花を見たのは初めてである。
e0367158_22262947.jpg
昨年ちょうどこの時期に伐採が行われていて、作業する若者にミスミソウのことを伝え、少し配慮してほしい旨伝えた。しかし自生地の少し先まで伐採が行われてしまった。日当たりが良くなって一時的に花芽を沢山付けたのか、絶滅する前の花火のごとく大発生なのか、今後の推移を見ていかねばらない。
e0367158_22262350.jpg
伐採によって保水力の低下が考えられる。今咲いている場所は岩場ではないので、雨が続くと斜面の土壌が雨水によって流れ落ちないか非常に心配だ。。
e0367158_22261874.jpg
三週間前に落としたブレスレットが枯葉の上から見つかった。枯葉の下でなく上にあったことは
何とラッキーなことだ。
e0367158_22261238.jpg
来年は最適期を逃さずに撮りに来ようと思っている。


[PR]

by yoshikata15 | 2018-04-09 23:15 | 植物 | Comments(2)

ローソク温泉

東濃へ向かう途中以前から気になっていたローソク温泉経由のルートを選んだ。昭和20年に開業したが俗化させないため、昭和58年秋までローソクの灯で営業していたのでこの名称になったようだ。
e0367158_11290656.jpg
温泉に入る時間はなかったが付近を散策した。ノジスミレ?と思われるスミレがあちこちで見られる。
e0367158_11290080.jpg
これはコスミレと思うがどうでしょうか。
e0367158_11285460.jpg
e0367158_11285086.jpg
ミツバツチグリは小さな株しかなかった。
e0367158_11284461.jpg
眼で追っていたツマキチョウが一瞬止まってくれた。
e0367158_11283923.jpg
この蝶が見られるのは春本番、地元でもこうした光景が間もなく訪れることに期待しよう!
e0367158_11283327.jpg

[PR]

by yoshikata15 | 2018-04-06 11:53 | 植物 | Comments(2)

近くの山道

近い所なのに、春早い時期には通らない山道を車で流してみた。土手には何やら白い群落が目についた。
e0367158_22435914.jpg
アズマイチゲだ。こんなに近い所に自生していたのは知らなかった。
e0367158_22433995.jpg
キクザキイチゲはよく見るがアズマイチゲは少し局所的に感じる。
e0367158_22433490.jpg
アズマイチゲはより人里近くに咲いていることが多いように感じる。
e0367158_22433088.jpg
状態の良い花は意外とないもので多くの中でこれが一番良さそうに見えた。
e0367158_22432627.jpg
オオイヌノフグリは沢山咲いていてが、中に花弁の先が尖っている変わり者がいくつか見られた。個体変異なのか特別変異なのだろうか?
e0367158_22431851.jpg
側溝脇の日当りの良い土手ではスミレの仲間が咲き始めていた。
e0367158_22430656.jpg
ハコベも太陽に向かって開いていたが。コハコベかミドリハコベかは種にならないと同定は無理のようだ。
e0367158_22425893.jpg
e0367158_22425298.jpg
道路下の斜面にもアズマイチゲが少数咲いていた。
e0367158_22424266.jpg

[PR]

by yoshikata15 | 2018-04-05 23:17 | 植物 | Comments(2)

くまもんとドルフィン

園内をあるって大きな池を渡る橋を渡ると、その足音に反応してか大きな鯉が寄ってきた。餌をもらえると感じてその音に敏感に反応したようだ。地元では57年間鯉の放流がなされている。自然に流れている河川に外来種を放流するのは生態系を壊す恐れがあるし、これだけ長期間続けていれば当然壊れてしまっていると思われる。私の所属する団体では、止めていただくように提言して要望書を提出したがどうなるでしょう。関係者の英断を願っている。
e0367158_06564911.jpg
チュウリップまつりが開かれている会場に入った。
e0367158_06564553.jpg
e0367158_06564114.jpg
色とりどりの花が綺麗に整備されている。
e0367158_06563768.jpg
e0367158_06563351.jpg
桜の満開で樹の花と地上のチュウリップの光景が素晴らしく、見飽きない景観で心も体も暖かくなった。
e0367158_06562949.jpg
正面の展望台へ登ってみると、くまもんがいた!
e0367158_06561320.jpg
隣りにはドルフィンも。
e0367158_06560803.jpg
パノラマ写真も撮ったが上手く撮れなかった。
e0367158_07303400.jpg
夜訪れるとまた違った感慨があると思われる。
e0367158_06561670.jpg

[PR]

by yoshikata15 | 2018-04-01 07:37 | イベント | Comments(0)