なばなの里

昼食場所のなばなの里へ着いた。ヴォラ、パンジーなどが出迎えてくれた。
e0367158_22230552.jpg
あさりの炊き込みご飯だが少し味付けが濃く、みそ汁は薄味で良かった。場所が「長島ビール園」の名の様に地ビールを提供するところなので、ドイツ風の黒ビールを頂いた。隣のご夫婦と話が弾み、エビを頂いてしまってから慌てて写真を撮った。
e0367158_22225891.jpg
集合時間まで園内を見て回った。河津桜はほぼ終わりかけだった。
e0367158_22225132.jpg
ニワウメが今しかないベストコンディションの状態だった。
e0367158_22224433.jpg
e0367158_22223838.jpg
タイリンミツマタは枝によって、蕾から開花したものまで様々だった。
e0367158_22223121.jpg
e0367158_22222505.jpg
トサミズキはすべての枝が満開だった。
e0367158_22221763.jpg
e0367158_22221069.jpg
シダレザクラは特別太い樹ではないが、手入れされるとこんなに綺麗な樹形になるのか感心した。
e0367158_22220361.jpg

[PR]

by yoshikata15 | 2018-03-30 22:54 | 出来事 | Comments(2)

「おちょぼさん」境内~参道

境内に面白い石があったので試した見た。持ち上げた時は意外と軽く感じたが、願いを念じて持ち上げたらズッシリ重さを感じた。2個の石とも同じように感じたが、今ライフワークとして活動していることが実現できるのかな?
e0367158_07344003.jpg
狐も色んな表情のものがある。
e0367158_07343697.jpg
e0367158_07343237.jpg
ここは油揚げを上げるところではないので普通に参拝する。
e0367158_07342784.jpg
千代保稲荷神社(おちょぼさん)は今から550年ほど前の文明年間に源義家の六男、義隆の子孫
森ハ海がこの地を開墾し、義家から伝わる霊壐を祀ったのが神社としての始まりと説明されていいる。すぐ傍に違う神社があるのが何か不思議と言うか理解できなかった。サクラはこちらの方が綺麗だった。
e0367158_07341667.jpg
参道を散策したがほとんどお土産屋か食べ物屋だったが、洋服や野菜・花や植木等も売っていたので地元の人たちも利用する参道のように感じた。
e0367158_07341278.jpg
テレビ等で宣伝している有名店には賑わいを見せていた。
e0367158_07342357.jpg
駐車場わきの桜もコントラストを意識して植栽されたのだろうか?
e0367158_07340883.jpg
快晴の空に綺麗な状態の花が見れて嬉しくなり心が温かくなった。
e0367158_07340413.jpg
肉眼で見たように写真で表現するのは非常に難しい。
e0367158_07340001.jpg

[PR]

by yoshikata15 | 2018-03-29 08:29 | 出来事 | Comments(2)

「おちょぼさん」参拝

「おちょぼさん」の愛称で親しまれている千代保稲荷神社に行ってきた。前日、満開発表が出たばかりのソメイヨシノが出迎えてくれた。
e0367158_21535345.jpg
此処での参拝の仕方は前もって聞いていたので驚かなかった。
e0367158_21534707.jpg
まずはあげ・ローソクを購入して境内へ進んでいく。
e0367158_21534274.jpg
ローソクを立てる建物に献燈する。お持ち帰りとあったが、色んな所に参拝していたら燃え尽きてしまった。
e0367158_21533751.jpg
ローソクの明かりは点々とあったが以外と暗く感じた。
e0367158_21533229.jpg
油揚げを神殿にお供えしてから参拝する。
e0367158_21532118.jpg
e0367158_21532637.jpg
ステンレスの筒の中の数字を振り出し、吉凶を占うおみくじがあったのでやってみた。
e0367158_21531616.jpg
似たようなものが地元にあったが、それは鉄の棒に切り込みを入れてあり、その数で吉凶の書いてある板と照らし合わせるものだった。ここのは穴から出てきたのは、幅の狭いステンレスに数字が書かれていたものだった。地元のはたしか20番以上あったと記憶しているがここは12番しかなく、ステンレスに数字が書かれているだけのものは何か物足りなさを感じてしまった。
e0367158_21531191.jpg
稲荷神社なので狐が色々なところで鎮座していた。
e0367158_21530344.jpg

[PR]

by yoshikata15 | 2018-03-28 22:47 | 出来事 | Comments(2)

自然歩道

東濃の林道を進んでいると自然歩道の道しるべが立っていた。
e0367158_14254935.jpg
天気が良く暖かいので畑で作業をしている方が数名見えた。
e0367158_14253748.jpg
西濃と比べると東濃は春が少し遅い様だ。日当たりの良い所に咲くこの梅はまだ5分咲きだった。
e0367158_14253124.jpg
ここでもテングチョウ♂が見られた。
e0367158_14250919.jpg
少し歩くと案内看板が分岐点に立っていた。
e0367158_14255479.jpg
同じ場所にもう1つあったがこちらの方が歴史を感じる。
e0367158_14255824.jpg
時間が迫ってきたので待ち合わせ場所へ向かった。立派な神社があったので寄ってみた。
e0367158_14250334.jpg
境内は思っていたより広くなかったが割と立派な土俵があった。この地は相撲が盛んなのかもしれない。
e0367158_14245897.jpg

[PR]

by yoshikata15 | 2018-03-27 14:54 | 自然景観 | Comments(2)

東濃地方へ

東濃地方の友人に会いに行った。待ち合わせ時間まで少し間があったので山間の林道に入った。道路脇のブッシュはきれいに刈り払われている。
e0367158_23275690.jpg
植林地の林床にソヨゴだけが緑を光らせていた。
e0367158_23275277.jpg
つい最近伐採されたであろうアセビの太い樹があった。
e0367158_23274783.jpg
地面から水を吸い上げても枝がないので、滴り落ちるだけである。こんな太い樹は初めて見たが、途中で切ったのは何か根拠があってのことだろうか?出来ればもっと太くなってから切って材を利用すれば、多方面に用途が広がると思うが少し残念な気持ちになった。
e0367158_23274395.jpg
遠くの枝先で何かが動いた。コゲラだ!早くてシャッターがなかなか切れないしブレてしまう。
e0367158_23264110.jpg
何とか見られるものが1枚あった。
e0367158_23263759.jpg
快晴で気温も高くなってきたのでテングチョウも日光浴に出てきた。
e0367158_23255480.jpg
道路脇から少し藪に入ったらアセビが咲いていた。
e0367158_23273130.jpg
e0367158_23272773.jpg
林道を少し歩って見たがアセビがいたる所にあった。地元に山にも普通に自生しているが、これだけ沢山の本数が狭い地域の里山に生えているのは少し驚いた。

[PR]

by yoshikata15 | 2018-03-27 00:08 | Comments(2)

お手伝い

新聞に料理メモが掲載されていたが簡単そうだったのでチャレンジした。ショウガを千切りにするが綺麗にはできない。
e0367158_09253975.jpg
ブナシメジ石突を除き小房に分けておく。
e0367158_09253550.jpg
豚薄切り肉200g(切り落としで充分)を食べやすい長さに切り、酒・醤油・片栗粉各小さじ1をもみ込んでおく。
e0367158_09253229.jpg
フライパンに油大さじ1でしめじを炒め一旦取り出す。
e0367158_09252813.jpg
油小さじ1でしょうがを炒め、肉を中火から弱で炒める。片栗粉で焦げ付きやすいので注意したい。火が通ったらしめじを戻し、オイスターソース大さじ1・トウバンジャン少々・酒小さじ1を混ぜてコショウをふる。
e0367158_09252584.jpg
トウバンジャンノピリ辛がきいて美味しくいただきました。
e0367158_09251306.jpg

[PR]

by yoshikata15 | 2018-03-22 10:02 | 料理 | Comments(2)

春の美濃路 3

ホトケノザは数株見られたが最盛期はもう少し後と思われる。
e0367158_15580617.jpg
日当たりの良い土手にはナズナが群生していた。
e0367158_15581796.jpg
ニホンミツバチが2頭見られた。
e0367158_15583160.jpg
ムラサキシジミが地面から吸水するために舞い降りた。
e0367158_15585716.jpg
開翅してくれたがやはり♀だった。♂は越冬前に個体数を減ずるのか越冬中に脱落するのか、越冬後の個体は殆んど♀で♂は1度しか見たことがない。人間と同じように強く逞しく長生きするのは♂ではない様だ。
e0367158_15585461.jpg
タチツボスミレの仲間が1株見つかった。
e0367158_15583419.jpg
これはヒメスミレと思われるがどうでしょう?
e0367158_15583950.jpg
満開状態の馬酔木がソメイヨシノの並木の丘にあったが虫はなにも来ていない。
e0367158_15584406.jpg
人家から逸脱したものか植栽されたものか、初めての地なので分からないがシバザクラの貧弱な株が花をつけていた。快晴の元微風の中を散策したが、少し冷たい風が心地よく心も体も元気を頂いた。今日は雪の降る1日だったが、あと4週間もすれば地元でもこんな体験が出来る。
e0367158_16280663.jpg

[PR]

by yoshikata15 | 2018-03-21 16:47 | 植物 | Comments(0)

春の美濃路 2

西濃地方の奥に車を進めた。満開の梅に誘われて近くに寄ってみた。
e0367158_14090749.jpg
むせかえるような香りだったが不思議と虫が見られない。天気は良いがまだ気温が低い性と思う。
e0367158_14090402.jpg
アオキが花穂をのばしていた。
e0367158_14090088.jpg
雄花と思われるが開花するには少し時間がかかりそう。
e0367158_14085600.jpg
畑の畔にスイバが生えていた。葉や茎をかじると酸っぱい体験が出来る。
e0367158_14085100.jpg
この葉をすりこ木ですりつぶし水を加えて水溶液を作る。その水溶液にすり餌を入れて混ぜたものを小鳥に与えていた。スイバを見るとフィールドに出る時、鳥好きの父に頼まれて良く採ってきたことを思い出す。
e0367158_14084819.jpg
天気が良すぎるので自分の影を入れてタンポポを撮ってみた。
e0367158_14083909.jpg
テングチョウは色んな所で陽光を浴びていた。
e0367158_14075716.jpg

[PR]

by yoshikata15 | 2018-03-20 14:55 | 植物 | Comments(0)

春の美濃路 1

所用があって美濃路を訪れた。墓地の入り口には菜の花が盛りだった。
e0367158_10283045.jpg
e0367158_10282645.jpg
タネツケバナは咲き始めで鞘も少なく丈も低い。
e0367158_10281523.jpg
e0367158_10281063.jpg
ソメイヨシノのつぼみが膨らんでいるのであと2~3日後に開花するだろう。
e0367158_10275541.jpg
1株だけカキドウシが見られた。
e0367158_10274890.jpg
沢山のオオイヌノフグリの中にヒメオドリコソウが咲いていたが、どちらも外来種だが今では春の野にすっかり溶け込んでいる。
e0367158_10264956.jpg
モンシロチョウが飛んでいたので追いかけていたら、一瞬地面に止まったので撮ることが出来た。今年羽化した新成虫の♀だ。
e0367158_10264043.jpg
成虫越冬から覚醒して飛んでいたが、翅の破損もなく鱗粉の脱落もほとんどない綺麗なままのキタキチョウ♂は、どんなところで越冬しているのか見てみたいものだ。
e0367158_10263198.jpg

[PR]

by yoshikata15 | 2018-03-19 11:03 | 植物 | Comments(2)

春の足音

あまりにも天気が良く暖かったので外へ出てみた。乗鞍岳が綺麗に見える。
e0367158_21025280.jpg
快晴なので飛騨山脈は一望できた。これは笠ヶ岳だが高い地点から見るともっと雄大さが分かるのに、この地点からは残念ながら全貌を見れない。
e0367158_21025692.jpg
フクジュソウの自生地に寄ってみた。今では看板が立っている。
e0367158_21024945.jpg
全然見当たらないので、まだ咲いていないのかなと思ってかなり歩いたら咲いていました。
e0367158_21024104.jpg
2時半過ぎだったので自生地に陽がかげりゆく頃だった。
e0367158_21023751.jpg
キクザキイチゲは3輪咲いていた。
e0367158_21023498.jpg
1輪づつ離れて咲いているものが殆どだったが、珍しく3輪並んで咲いていた。
e0367158_21022170.jpg
まだ10数輪しか咲いていなかったが、もうすぐこの斜面は黄金色に染まることだろう。
e0367158_21021200.jpg

[PR]

by yoshikata15 | 2018-03-13 23:26 | 植物 | Comments(4)