なばなの里

昼食場所のなばなの里へ着いた。ヴォラ、パンジーなどが出迎えてくれた。
e0367158_22230552.jpg
あさりの炊き込みご飯だが少し味付けが濃く、みそ汁は薄味で良かった。場所が「長島ビール園」の名の様に地ビールを提供するところなので、ドイツ風の黒ビールを頂いた。隣のご夫婦と話が弾み、エビを頂いてしまってから慌てて写真を撮った。
e0367158_22225891.jpg
集合時間まで園内を見て回った。河津桜はほぼ終わりかけだった。
e0367158_22225132.jpg
ニワウメが今しかないベストコンディションの状態だった。
e0367158_22224433.jpg
e0367158_22223838.jpg
タイリンミツマタは枝によって、蕾から開花したものまで様々だった。
e0367158_22223121.jpg
e0367158_22222505.jpg
トサミズキはすべての枝が満開だった。
e0367158_22221763.jpg
e0367158_22221069.jpg
シダレザクラは特別太い樹ではないが、手入れされるとこんなに綺麗な樹形になるのか感心した。
e0367158_22220361.jpg

[PR]

by yoshikata15 | 2018-03-30 22:54 | 出来事 | Comments(2)

「おちょぼさん」境内~参道

境内に面白い石があったので試した見た。持ち上げた時は意外と軽く感じたが、願いを念じて持ち上げたらズッシリ重さを感じた。2個の石とも同じように感じたが、今ライフワークとして活動していることが実現できるのかな?
e0367158_07344003.jpg
狐も色んな表情のものがある。
e0367158_07343697.jpg
e0367158_07343237.jpg
ここは油揚げを上げるところではないので普通に参拝する。
e0367158_07342784.jpg
千代保稲荷神社(おちょぼさん)は今から550年ほど前の文明年間に源義家の六男、義隆の子孫
森ハ海がこの地を開墾し、義家から伝わる霊壐を祀ったのが神社としての始まりと説明されていいる。すぐ傍に違う神社があるのが何か不思議と言うか理解できなかった。サクラはこちらの方が綺麗だった。
e0367158_07341667.jpg
参道を散策したがほとんどお土産屋か食べ物屋だったが、洋服や野菜・花や植木等も売っていたので地元の人たちも利用する参道のように感じた。
e0367158_07341278.jpg
テレビ等で宣伝している有名店には賑わいを見せていた。
e0367158_07342357.jpg
駐車場わきの桜もコントラストを意識して植栽されたのだろうか?
e0367158_07340883.jpg
快晴の空に綺麗な状態の花が見れて嬉しくなり心が温かくなった。
e0367158_07340413.jpg
肉眼で見たように写真で表現するのは非常に難しい。
e0367158_07340001.jpg

[PR]

by yoshikata15 | 2018-03-29 08:29 | 出来事 | Comments(2)

「おちょぼさん」参拝

「おちょぼさん」の愛称で親しまれている千代保稲荷神社に行ってきた。前日、満開発表が出たばかりのソメイヨシノが出迎えてくれた。
e0367158_21535345.jpg
此処での参拝の仕方は前もって聞いていたので驚かなかった。
e0367158_21534707.jpg
まずはあげ・ローソクを購入して境内へ進んでいく。
e0367158_21534274.jpg
ローソクを立てる建物に献燈する。お持ち帰りとあったが、色んな所に参拝していたら燃え尽きてしまった。
e0367158_21533751.jpg
ローソクの明かりは点々とあったが以外と暗く感じた。
e0367158_21533229.jpg
油揚げを神殿にお供えしてから参拝する。
e0367158_21532118.jpg
e0367158_21532637.jpg
ステンレスの筒の中の数字を振り出し、吉凶を占うおみくじがあったのでやってみた。
e0367158_21531616.jpg
似たようなものが地元にあったが、それは鉄の棒に切り込みを入れてあり、その数で吉凶の書いてある板と照らし合わせるものだった。ここのは穴から出てきたのは、幅の狭いステンレスに数字が書かれていたものだった。地元のはたしか20番以上あったと記憶しているがここは12番しかなく、ステンレスに数字が書かれているだけのものは何か物足りなさを感じてしまった。
e0367158_21531191.jpg
稲荷神社なので狐が色々なところで鎮座していた。
e0367158_21530344.jpg

[PR]

by yoshikata15 | 2018-03-28 22:47 | 出来事 | Comments(2)

総合学習

小学校の総合学習で郷土の伝統工芸を学ぶということで話しに行ってきた。
e0367158_23382767.jpg
e0367158_23382147.jpg
感はの影響でボタン雪が屋外では降っていた。最初にビデオを見てもらってから制作過程の説明をした。
e0367158_23381660.jpg
これは漆に傷をつけて掻き取ることを説明しているところ。
e0367158_23381026.jpg
校長先生が途中で教室へ心配して?入って見えた。
e0367158_23380578.jpg
春慶塗は加飾をしないので、木地に色んな工夫を凝らしているものを見てもらっている。
e0367158_23375952.jpg
白木地から上塗りまでの工程と、馬・ウサギ・髪の毛などの道具に触って興味を示した。
e0367158_23375321.jpg
こういった事で子供たちが興味を持ってくれて、将来職業選択の1つに加えてくれたら有難いと思っている。
e0367158_23374107.jpg

[PR]

by yoshikata15 | 2018-02-14 00:14 | 出来事 | Comments(2)

伝統工芸と自然

宿泊研修して農業体験などをするグリーンツーリズムがあるが、その一環で地域の伝統工芸と自然を知りたいとのことで私に話が来た。上手に話せないが現状を知ってもらうには良い機会なので引き受けることにした。
e0367158_10045784.jpg
静岡県の富塚中学校の1年生158名先生9名の大人数なので気後れしてしまう。今更逃げれないので意を決して壇上へ向かう。
e0367158_10045403.jpg
ホワイトボードを用意して頂いたので少しだけ利用した。
e0367158_10045058.jpg
作業手順の説明と顔料を入れた漆と入れない春慶塗の違いを見てもらう。
e0367158_10044533.jpg
最後に代表の生徒から感想とお礼の言葉を頂いた。
e0367158_10043888.jpg
どこの漆器産地も疲弊していて後継者はほとんどいない現状だ。漆という意味のjapanを日本から消滅させないで繋いでいってほしいと思っている。若い方が何かを感じて伝統工芸の仕事についてくれたら大変嬉しいことだ。人間は多くの命を頂いて生かせてもらっているので、自然を破壊するのではなく共生して持続可能な社会づくりをしていってほしいと願っている。
e0367158_10043475.jpg
終了後生徒からお礼の手ぬぐいを頂いた。
e0367158_10043060.jpg
広げてみたらこんなデザインだった。記念の品なので大切に使わせてもらおう。
e0367158_10042552.jpg

[PR]

by yoshikata15 | 2018-01-31 11:17 | 出来事 | Comments(2)

日本郵便の遊び

年賀状に極小文字書きされているとラジオで言っていた。対象の年賀状は犬をモデルにした富士山のイラストの鼻の処だ。フじと読める。
e0367158_23043217.jpg
次は年賀と印刷されているところを上下逆さにするとアルファベットが見えた。
e0367158_23050736.jpg
2018の所を右に90度動かして6本の線を見ていくとひらがなが現れた。
e0367158_23063691.jpg
写真を縮小したら少し見難くなってしまった。
e0367158_23064147.jpg
深度合成モードで撮ったが光量が少し不足なので鮮明に撮れなかった。

[PR]

by yoshikata15 | 2018-01-10 23:28 | 出来事 | Comments(2)

介護老人保健施設

介護老人保健施設「それいゆ」で7月末から短期間で3人死亡2人怪我があり全国ニュースで報道された。1997年開設なので今年で20周年の記念の年になるはずだった。自分で動けない人がろっ骨骨折・頭蓋骨陥没など不審な点が多く、またその施設入所者に関わった人は報道前日に施設から促されて退職したという。事故と事件の両面から警察は特別捜査本部を置いた模様だ。テレビの中継車や報道陣の車と報道陣で大変な騒ぎになってしまった。
e0367158_22381047.jpg
多くは名古屋ナンバーの車か地元のタクシーだが名古屋ナンバーのタクシーもあり取材費は潤沢にあるのだなーと思ってしまう。今でも朝8時から夜8~9時まで報道陣が張り付いているが、これは事件性が高いとみていち早く特ダネを報道したいと思っての行動ではないでしょうか?
「それいゆ」が出来る前はヘイケボタルが沢山見られたが、施設前の水田に鉄板を敷き2回の夏を資材置き場として使用した。そのことでホタルの幼虫や餌のモノアラガイは圧死・熱死しまい1994年を最後にまったく見れなくなってしまった。
ボランティアで色んな介護施設へ行っているが、職員の入所者に対する対応は大変重労働でストレスがたまることも多いと思う。自分も行く道なのだができればこういった施設にはいかないで
最後を迎えたい。1日でも早く解決して平穏な生活を取り戻したいと近隣住民は願っている。
e0367158_22373212.jpg

[PR]

by yoshikata15 | 2017-08-26 00:03 | 出来事 | Comments(2)