人気ブログランキング |

カテゴリ:蝶( 117 )

信州の高原 Ⅱ

前日雨でまだ露の残る別の高原に行ってみた。梢をたたくと大量の雨露が降ってくる条件だったがアカシジミが降りてきた。
e0367158_11450525.jpg
尾状突起は2本あるが最盛期はとうに過ぎているので鮮度が悪いのは仕方ない。
e0367158_11451098.jpg
鮮度の良いミズイロオナガが開翅してくれた。
e0367158_11451960.jpg
前翅が少し欠けた個体も見られた。
e0367158_11451571.jpg
ウラキンシジミが突然ヒメジョンに飛来した。綺麗な♀個体だ。
e0367158_11460686.jpg
かなりくたびれた♂も見られた。
e0367158_11461140.jpg
メスグロヒョウモン♂が草むらから飛び立った。
e0367158_11461624.jpg
梅雨が長引き、すっきり晴れる日が殆どないのでいろんなチョウの個体数が少なく感じる。日差しが回復すれば多くのチョウが羽化するものでしょう。。天気が良くなる日を楽しみに待ちたいと思う。

by yoshikata15 | 2019-07-18 18:19 | | Comments(0)

信州の高原

火山性草原の発達している信州にはいくつも高原が広がっている。その1つを訪れたが天気はドン曇りだ。綺麗なウラジャノメが1♂だけ出てきてくれた。
e0367158_22045085.jpg
数は少ないがヒメシジミがこんなに綺麗なのは季節が遅れている証拠だ。
e0367158_22044468.jpg
e0367158_22043999.jpg
7月も中旬になるのにウスバシロチョウが元気に多数飛び回ってるのは少し違和感がある。
e0367158_22043492.jpg
照度が低くても活動するコチャバネセセリが姿を現した。
e0367158_22042898.jpg
e0367158_22042381.jpg
薄日が射したらコヒョウモンモドキがヒメジョンに吸蜜し始めた。
e0367158_22041240.jpg
ヒメウラナミジャノメはボロから新鮮まで見られた。
e0367158_22040633.jpg
車に付いた何かを舐めにギンボシヒョウモンが飛来した。
e0367158_22040097.jpg
e0367158_22035539.jpg
近年ギンボシが急激に減少しているので、久しぶりにゆっくり見ることが出来嬉しかった。

by yoshikata15 | 2019-07-16 22:50 | | Comments(0)

7月の信州

e0367158_21252771.jpg
e0367158_21252082.jpg
信州各地を訪ねた。まずはカシワ林に行ってみた。気温が低いせいもあって落としたハヤシミドリはどうしても開翅しなかった。
e0367158_21254530.jpg
e0367158_21254173.jpg
ウラジロミドリも同時に見られたがやはり開翅しなかった。
e0367158_21255653.jpg
e0367158_21255998.jpg
e0367158_21260353.jpg
日本一小さなハッチョウトンボを見に行ったが見られない。今年は発生が遅れているのと、本日も低温でまだ発生前かなと思っていたが1頭見つけたら次々と見つけることが出来た。♀はアブに間違えそうになった。
e0367158_21260811.jpg
e0367158_21304751.jpg
ミヤマカラスシジミは葉上に止まるとすぐに体を斜めにして太陽光を受け取りやすくするので写真が撮りにくい。
e0367158_21305984.jpg
e0367158_21310271.jpg
e0367158_21310667.jpg
クロツバメシジミは羽化して間もない新鮮な個体が多く見られた。天気が悪いので前日の雨露が乾かず、葉上は水滴でいっぱいだった。ご同行頂いたOさんに心から、御礼申し雨える...

by yoshikata15 | 2019-07-15 18:17 | | Comments(0)

里のブナ林

標高600m前後のブナが混じる雑木林に行ってみた。林道整備で借り払われた大場儀節にルリタテハが飛来した。新成虫なので綺麗だ。
e0367158_09484706.jpg
近くに♀もいたが越冬個体か新成虫かよく分からない。今年はどこに行ってもルリタテハをよく見かけるがこんな年も珍しい。
e0367158_09484491.jpg
この地はよく出かけるところだがオオミドリは見たことがなかった。♂を見る前に葉上で静止する♀に出会った。
e0367158_09484025.jpg
一瞬ゼフの飛翔と見間違えるムラサキシジミがフジの葉に止まった。付近に照葉樹は全くないが、飛来個体か新成虫か迷うところだ。
e0367158_09483729.jpg
こちらは別の所で撮ったが、非常に新鮮で新成虫と思われる。ムラサキシジミも今年はポツポツ見かける。今年だけの現象なのか、温暖化でこれからよく見かけることが出来るようになるのか見守っていきたい。
e0367158_09483393.jpg

by yoshikata15 | 2019-07-13 18:47 | | Comments(0)

飛騨山脈の高原

高原というにはあまりにも狭いところだが初夏のチョウがいろいろ見られた。コキマダラセセリは出始めだった。
e0367158_22291419.jpg
e0367158_22292079.jpg
1頭だけだったが♀も見られた。
e0367158_22283505.jpg
ヒメウラナミジャノメは沢山いたが傷のないものは見つからなかった。
e0367158_22300799.jpg
綺麗なヒメキマダラセセリが飛んできた。
e0367158_22285531.jpg
e0367158_22284360.jpg
鱗粉がはげ縁毛も擦れたヒメシジミが逞しく生きていた。
e0367158_22282787.jpg
減少傾向にあるコヒョウモンモドキが1♂だけ見られた。
e0367158_22281819.jpg
コチャバネセセリ♀がシロツメクサで吸蜜していた。
e0367158_22281042.jpg
発生期を大幅に過ぎていたがギンイチモンジセセリのまだ綺麗な個体がいた。
e0367158_22280126.jpg
モンキチョウは元気に飛び回っていた。
e0367158_22275252.jpg
淡い陽光で開翅するベニシジミ。
e0367158_22274418.jpg
ニガナにはヤマトスジグロシロチョウが頻繁に訪れていた。
e0367158_22273769.jpg

by yoshikata15 | 2019-07-11 08:07 | | Comments(0)

近くの雑木林

家から10分程度の雑木林に行ってきた。林を切り開いて道路を作ったが、耕作放棄された畑が目立つようになってきた。ヒメキマダラセセリはスレた状態だった。
e0367158_16543104.jpg
久しぶりにウラナミアカシジミに出会った。以前は普通にいたが近年、地元でほとんど見れなくなっていたのでわずか2頭でも嬉しかった。
e0367158_16542734.jpg
e0367158_16542438.jpg
日向にミスジチョウが飛来した。
e0367158_16541939.jpg
ウラクロシジミは数頭目撃したが、なかなか翅を開かない。♂の後翅表の銀色部分がわずかに見える。
e0367158_16541557.jpg
この♀もかなり待って開翅を期待したが閉翅したままだった。
e0367158_16540704.jpg

by yoshikata15 | 2019-07-02 18:53 | | Comments(0)

季節の変わり目

照葉樹林と落葉樹が混在する林道を歩った。ヤマトスジグロと思われる第2化の新鮮個体に出会った。
e0367158_13414904.jpg
ミズイロオナガは出たばかりのようだ。
e0367158_13414495.jpg
V字開翅しているエゾミドリ葉がカールしていて脚の全体が撮れなかった。
e0367158_13414095.jpg
シロツメクサで開翅するベニシジミ。1化だとすると遅すぎだし、2化だと早すぎるがどちらだろう。標高からすると2化かなー?
e0367158_13413795.jpg
イチモンジチョウがタニウツギに産卵行動をしていた。
e0367158_13413353.jpg
破損したコジャノメ♀が良く見られた。温暖化の影響か近年良く見られるようになった。
e0367158_13412997.jpg
ヒサマツミドリが見られたが残念ながら尾突が片方ない。
e0367158_13411799.jpg
e0367158_13412365.jpg
ルリタテハが産卵植物を探していたが、一瞬だけアカソに止まった。
e0367158_13411217.jpg
ヒメキマダラセセリが鳥の糞で吸いもどし行動をしていた。
e0367158_13410744.jpg

by yoshikata15 | 2019-06-30 13:39 | | Comments(0)

4年目の達成

富山・石川県境へフジミドリを求めていってみた。有名産地なので福岡ナンバーの車もあった。前日はかなり見られたようだが、採集するのと撮影では条件が違うので上手くいくとは限らない。日が当たりかけるとウラギンヒョウモンが飛び始めた。
e0367158_15010581.jpg
ミドリヒョウモンは♀なれどもう破損している。
e0367158_15010080.jpg
地面に下りて吸水しているフジミドリ♂に出会った。
e0367158_15020771.jpg
開翅している♂も見られた。
e0367158_15021626.jpg
♀も一瞬姿を現した。
e0367158_15022386.jpg
良い位置取りがとれなかったがメスアカミドリが見られた。
e0367158_15023083.jpg
ウラクロシジミは脚立の上から捉えることが出来た。
e0367158_15023750.jpg
フジミドリは汚損個体ながら撮影出来た。4年目にして初めて撮れたので贅沢は言えないが、今度は新鮮個体を撮りたいものだ。

by yoshikata15 | 2019-06-27 18:01 | | Comments(0)

飛騨山脈の登山道 (2)

快晴の下、槍ヶ岳が綺麗にくっきり見えた。時間が経つともやが出るので早い時間だと綺麗に見えることが多い。
e0367158_15281303.jpg
かなりスレて色あせたミヤマセセリがいた。6月中旬になろうという時期なのにずいぶん長生きの♀だ。
e0367158_15281853.jpg
サカハチチョウは出始めで2頭しか見られなかった。
e0367158_15282257.jpg
e0367158_15282518.jpg
ヤマトスジグロと思われるシロチョウが1頭だけいた。
e0367158_15283010.jpg
これからいろんな草花やチョウが発生する楽しみな時期が来るので待ち遠しい。


by yoshikata15 | 2019-06-16 18:27 | | Comments(0)

西濃地方の渓谷

クコサギの多い西濃地方の渓谷に行ってみた。まだ綺麗なカラスアゲハが吸水していた。
e0367158_14204026.jpg
アオスジアゲハはカラスアゲハやクロアゲハを追いかけ、吸水ポイントを独占しようと執拗に追いかけまわしていた。
e0367158_14204684.jpg
e0367158_14205078.jpg
非常に新鮮なクロアゲハがカラスアゲハに交じって吸水していた。
e0367158_14205800.jpg
e0367158_14210240.jpg
少し薄暗いところではコジャノメ♀が2頭いた。破れていない綺麗な♀を撮った。
e0367158_14230578.jpg
e0367158_14213772.jpg
同じところに大きなクロコノマが潜んでいた。厳しい冬を乗り越えたので、沢山産卵して次の世代へつなげて欲しい。
e0367158_14210905.jpg
オナガアゲハやモンキアゲハに会えなかったのは少し残念だったが次回に期待しよう。

by yoshikata15 | 2019-06-13 14:19 | | Comments(0)