人気ブログランキング |

カテゴリ:自然景観( 40 )

白馬山麓

白馬山麓の友人を訪ねた。彼とは45年前に知り合って現在もお付き合いさせていただいている。ここには懐かしい昔の風景が見られる。
e0367158_14305669.jpg
今はほとんどコンクリーなどで護岸工事されていて、草花が護岸堤防の役目を果たしているところは見ることが困難な状況だ。
e0367158_14310268.jpg
アヤメが生き生きとしてる。
e0367158_14312773.jpg
クガイソウが所々で見られる。
e0367158_14313127.jpg
植林した林内が明るく様々な植物がみられる。地元では林内が暗く、林床は杉の落ち葉だけで他の植物はほとんど生えていない。もっと長野県で、林業のことを学んでもらえてたらなーと感じた。この林内に分け入ると、植林地であることを忘れるくらい多様な植物がみられる。
e0367158_14313910.jpg
エビラフジが少し咲いていたのでもしかしての期待を持った。
e0367158_14314889.jpg
思いがかなってアサマシジミを見ることが出来た。
e0367158_14315261.jpg
長野オリンピックで使用されたジャンプ台をすぐそばで見た。もの凄く急斜面で、ここを飛んで着地する人の精神状態は、一体どうなっているのかとても理解できない。
e0367158_14315640.jpg

by yoshikata15 | 2019-07-01 18:30 | 自然景観 | Comments(0)

初夏の県境

富山県境の林道を歩いた。薄暗い中からクロヒカゲがヤマアジサイに止まった。
e0367158_17321382.jpg
オスグロトモエが近くのブッシュに止まった。
e0367158_17320823.jpg
遠くで何かが止まったので望遠で確認したらダイセンシジミだった。一瞬で良い位置取りが出来なかった。
e0367158_17320269.jpg
コチャバネセセリはもう破損している。
e0367158_17315686.jpg
ウツギの実にトラフシジミが産卵していた。蕾で産卵するのは見たことがあるが、これから大きく固くなっていく実を食べることだ出来るのだろうか?
e0367158_17315283.jpg
1本だけオオナルコユリがあった。
e0367158_17314602.jpg
ハリギリの幼木があったが春は山菜として食すことが出来るし、大きくなった材はケヤキに良く似ていて工芸品等に利用される。こちらでは「ほうだら」と呼ばれている。
e0367158_17314065.jpg
ウリノキはひっそり咲いていた。
e0367158_17313488.jpg
標高をどんどん上げていくと良い状態のヤブデマリが咲いていた。
e0367158_17312740.jpg
サルナシがたくさん蕾を付けていた。秋に収穫に行って果実種を作りたいなー。
e0367158_17312208.jpg
標高1000mを越えるとアカモノが見えてきた。
e0367158_17303824.jpg
珍しいことにエゾハルゼミが下草に止まっていた。こんなに近くで撮れるとは思っていなかった。
e0367158_17303197.jpg

by yoshikata15 | 2019-06-28 18:31 | 自然景観 | Comments(0)

四つの滝

次に紅葉滝に行った。
e0367158_17282254.jpg
ここの滝つぼはわりと広い。
e0367158_17283492.jpg
e0367158_17285552.jpg
e0367158_17290036.jpg
途中の林道にアワブキがあったので探したらスミナガシの1齢幼虫がいた。主脈の裏側にいるし小さくてまだ細いので写真では見づらい。
e0367158_17291770.jpg
最後は鶏鳴滝だ。案内看板によるといわれがある滝のようだ。
e0367158_17293195.jpg
e0367158_17293619.jpg
細い滝だが水量は豊富だ。
e0367158_17300770.jpg
e0367158_17301701.jpg
e0367158_17302508.jpg
休憩施設があるのでゆっくり休むにはありがたい。
e0367158_17303389.jpg
滝の周りの開けたところでウラギンシジミをよく見た。地元ではこんな時期に見ることはないので、さすが照葉樹林だと感じた。
e0367158_17304321.jpg
この個体はズボンや靴に執着して汗や靴に付いたなにかを摂取していた。チョウに好まれて遊んでもらえ嬉しかったなー。
e0367158_17304869.jpg

by yoshikata15 | 2019-06-18 19:21 | 自然景観 | Comments(2)

飛騨木曾川国定公園

下呂市金山町の飛騨木曾川国定公園を尋ねた。ここは四つの滝があるという渓谷だ。
e0367158_17070025.jpg
e0367158_17075627.jpg
まずは下流の白滝から順に登ることにする。
e0367158_17081191.jpg
e0367158_17081771.jpg
久しぶりに晴れたので水量は多い。
e0367158_17082236.jpg
e0367158_17082791.jpg
すぐ下流は穏やかな流れになっていた。
e0367158_17083311.jpg
コアジサイが所々で咲いていた。
e0367158_17084068.jpg
e0367158_17084454.jpg
次は二見滝に向かった。
e0367158_17085125.jpg
e0367158_17085559.jpg
この滝は2段になっているが落差はさほどない。
e0367158_17090091.jpg

by yoshikata15 | 2019-06-17 18:07 | 自然景観 | Comments(2)

位山峠

美濃地方へ行った帰り位山峠を通るルートを選んだ。冬季間は通行止めで緑の季節でも工事中などで通れないことが多い。
e0367158_17372852.jpg
地元の国学者の「田中大秀」の歌が建っていた。我が家にもかれのうたのたんざくがある。
e0367158_17374281.jpg
e0367158_17374689.jpg
お休みどころがあるので登山などで疲れた体にはありがたい。
e0367158_17375158.jpg
e0367158_17375430.jpg
以前植物研究会で訪れたことがあったがその時は秋だった。
e0367158_17381653.jpg
e0367158_17382042.jpg
昔は重要な位山官道だったが今はこの道を通る人は非常に少ない。
e0367158_17382401.jpg
位山神社は少し高台に祀られていた。
e0367158_17382963.jpg

by yoshikata15 | 2019-06-05 18:28 | 自然景観 | Comments(0)

宗関滝

国道に滝の案内看板が出ていたが、数年前から撤去されていて気になっていた。同じ名前の器があるので1度見たいと思っていた。近くへ調査に訪れたので寄り道をした。
e0367158_16290179.jpg
道端には今を盛りとシャクが出迎えていた。
e0367158_16285395.jpg
e0367158_16285747.jpg
外来種のハルザキヤマガラシは、どこででも見られるようになってしまった。
e0367158_16284864.jpg
杉林を通っていくとクルマバソウが現れた。
e0367158_16284332.jpg
さらにどんどん先を行くと途中道が谷川に落ちて危険な個所があった。補修していないので看板を撤去したのだと納得した。近年何かとクレームをつける人があり、「案内看板があって行ったので、事故があると案内看板を設置した方に責任を負え」のような事態を避けるために看板を外したのではと思った。
e0367158_16283737.jpg
三段になっている宗関滝についた。水量は割と少ないし滝つぼも浅いようだ。
e0367158_16283158.jpg
e0367158_16282663.jpg
マイナスイオンを沢山いただき元気になって帰ることが出来た。

by yoshikata15 | 2019-06-03 16:54 | 自然景観 | Comments(0)

多賀神社

常滑市の多賀神社に行ってみた。
e0367158_18232717.jpg
背後に御用林はないが木立が多く荘厳な感じがする。
e0367158_18233235.jpg
オガタマノキの大木があるが天然記念物になっている。雪の降る我が家にも地植えで30年以上になるが、正月榊として神棚に使っている。
e0367158_18235676.jpg
e0367158_18240119.jpg
神社を離れて付近を歩くことにした。
e0367158_18233614.jpg
チャバネセセリの♀が目の前に止まった。
e0367158_18241353.jpg
e0367158_18241746.jpg
ビワがたわわに生っていて美味しそうだ。持ち主の方が来て収穫時期を確認していた。地元でも植えている方が、見えるが寒い地区なので実は見たことがない。
e0367158_18242394.jpg
e0367158_18242628.jpg
トベラが咲いていたがいろんなチョウが来る花だ。
e0367158_18243984.jpg
e0367158_18244323.jpg
アオスジアゲハは数頭来ていたが、ミカドアゲハは1回飛来してすぐ飛んで行ってしまった。
e0367158_18244808.jpg

by yoshikata15 | 2019-05-27 18:30 | 自然景観 | Comments(0)

多度大社

上げ馬神事で有名な多度大社を訪れた。
e0367158_17142253.jpg
朝早いけれど参拝客はそこそこいた。
e0367158_17142755.jpg
せっかくなので本殿に向かって歩を進めた。
e0367158_17143736.jpg
途中白馬伝説の紹介看板があった。
e0367158_17144498.jpg
この階段を昇れば本殿に着く。
e0367158_17144800.jpg
これが本殿だ。山道に毎日落ちる枯葉を多くの職員がほうきで清掃していたが、中には風で飛ばしている人もいた。
e0367158_17145295.jpg
山道わきには谷川が流れている。
e0367158_17145502.jpg
テングチョウがいたが、かなり破損して古い個体なので越冬個体と思われる。
e0367158_17145875.jpg
下の広場のわきに有名なヒトツバタゴ(なんじゃもんじゃの木)があった。
e0367158_17150809.jpg
e0367158_17151153.jpg
ここが上げ馬神事を行う坂だが思っていたとうりかなり急だ。馬がかわいそうと批判の声があるがこれは神事なので、馬も大変だが乗っている人も相当の思いでチャレンジされていると思う。
e0367158_17151563.jpg
e0367158_17152040.jpg

by yoshikata15 | 2019-05-24 17:04 | 自然景観 | Comments(0)

霞間ヶ渓

霞間ヶ渓へ寄り道した。桜の名所だが5月なのでさすがにない。
e0367158_16234595.jpg
池田山の山麓に位置している。
e0367158_16235049.jpg
この地方はいび茶で有名で一面茶畑が広がっている。
e0367158_16235572.jpg
今年の八十八夜は5月2日で、その時に茶摘みされた茶葉が新茶といて出回るという。香り豊かな新茶はテアニンという旨味成分が沢山含まれていて本当においしい。
e0367158_16235831.jpg
お寺もあるようだが時間がなく見ることが出来なかった。
e0367158_16240193.jpg
気持ちの良い晴天で、こんなところでのんびり時間を使うのは心の選択になるに違いない。
e0367158_16240660.jpg
途中の畑でレンゲソウの大群落に出会った。
e0367158_16250597.jpg
e0367158_16250973.jpg
緑肥として古く中国からもたらされた植物だが、化学肥料が普及した結果利用する農家が減って、一面のレンゲ畑は激減してしまった。まさかこの時期に(5/11)に見られると思っていなかったので、非常に得した気分で嬉しくなってしまった。
e0367158_16251266.jpg

by yoshikata15 | 2019-05-23 18:24 | 自然景観 | Comments(0)

行基寺(2)

中に入ると両脇に色んな地蔵様が並んでいた。
e0367158_14065682.jpg
e0367158_14073831.jpg
e0367158_14074312.jpg
何か言われのある石が安置されている。
e0367158_14074875.jpg
e0367158_14075235.jpg
行基寺は浄土宗で観世音菩薩もあった。
e0367158_14075674.jpg
e0367158_14080012.jpg
高台にあるので街並みが一望できる。むせ返るような栗の花の香りが印象的だった。
e0367158_14080636.jpg

by yoshikata15 | 2019-05-21 14:25 | 自然景観 | Comments(0)