棚田と湿原

北部の板倉と棚田を訪ねた。すでに稲刈りは終わっており稲架干しされていた。
e0367158_20294332.jpg
近くの池ヶ原湿原に足を延ばした。ミズバショウとリュウキンカの時期は大変賑わう場所だけど、今の時期は訪れる人は殆どいない。木道に荷物が置いてあるので観光客がどこかに行かれたのかなと思っていたら、ヨシを刈って湿原の中を整備している作業員の荷物でした。
e0367158_20303854.jpg
木道沿いは限られたものしかないので山道を歩いた。鮮やかな瑠璃色の実をつけたサワフタギが目についた。
e0367158_20302436.jpg
黄葉しかけたシオデが1株あった。標高が1,000mを超えるこの場所は、秋が訪れるのが早い。
e0367158_20302828.jpg
立派な実をつけたシオデは何本もあった。
e0367158_20303348.jpg
遊歩道の橋の上からイワナが悠然と泳いでいた。人の気配を敏感に察しすぐに移動してしまうことが多いが、ここの場所では同じ姿勢でゆったりと泳いでいた。
e0367158_20304263.jpg
紅葉・黄葉は始まりつつあり、10月中下旬に見ごろを向かえると思っている。
e0367158_20304865.jpg
葉は全くなかったが特異な花種皮を持つマユミは良く目立った。マユミは昔この材で弓を作ったことから来ている。材は薄く黄色みがかっていて良くしなうので箆木としても使用できる。
e0367158_20305305.jpg

[PR]

by yoshikata15 | 2018-10-05 22:19 | 自然景観 | Comments(0)

名前
URL
画像認証
削除用パスワード