植物観察会(1)

観察地はある宗教団体が買い上げた場所で、小規模ながらダムを2つ作るということで「現在の状態が変化する前に調査したい」と要望したところ許可を頂いたので入林することが出来た。かつて集落のあったところに行くには標高1,000m以上を越えなければならずこの辺りがブナ林になっている。
e0367158_20462659.jpg
峠には祠があって地蔵様が安置されていた。
e0367158_20463366.jpg
峠付近はホツツジが咲いていた。
e0367158_20472398.jpg
ツルリンドウも目立たぬところにあった。
e0367158_20471834.jpg
シラネセンキュウはほとんど終わっていたがこれはまだ状態の良い株だった。
e0367158_20464309.jpg
シダはなかなか覚えられないがイヌガンソクは特徴があるので覚えれそうな気がする。
e0367158_20465037.jpg
林床に一杯咲いていたモミジガサ。食用になる春の状態から想像つかない姿だ。
e0367158_20465602.jpg
ツリフネソウのアルビノが1株あった。
e0367158_20470025.jpg
距が丸まっているので間違いなくツリフネソウだ。
e0367158_20470549.jpg
葉と葉の間は広いキヨタケシダだが、次回先生に教えられなくても同定できるようになりたいものだ。
e0367158_20471179.jpg
何度聞いても覚えられない出来の悪い生徒ですが、いつも分かりやすく優しく教えていただける先生なので有り難いです。これからもご迷惑をかけると思いますがご指導宜しくお願いします。



[PR]

by yoshikata15 | 2017-09-23 21:14 | 植物 | Comments(0)

名前
URL
画像認証
削除用パスワード