ムシャクロツバメに会いに行く

Sさんの案内で名古屋のムシャクロツバメに会いに行った。最初に行った堤防では見ることが出来なかった。先日の大水で食草が水に浸かったせいかもしれない。
e0367158_22232247.jpg
いたのは後翅に青紋の4つある綺麗なベニシジミだけだった。
e0367158_22231745.jpg
e0367158_22231326.jpg
場所を移した河川敷でようやくムシャクロツに会えた。3枚とも同じ個体である。
e0367158_22225828.jpg
やや擦れているが初めて見る蝶なのでぜいたくは言えない。ここではタイトゴメを利用しているとお聞きした。
e0367158_22225181.jpg
この蝶の広がりは虫屋が放蝶したのではなく、Sedum好きの人が大陸から仕入れたものに幼虫か蛹が付いていたものが拡散したと言うのが真相らしい。
e0367158_22230245.jpg
キタテハがセンダングサにようやく止まった。
e0367158_22230791.jpg

[PR]

by yoshikata15 | 2017-11-18 23:00 | | Comments(0)

近場散策

朝まで雨だったが回復したので近場に出かけた。陽ざしがないので気温が上がらず蝶影は薄い。
e0367158_10463377.jpg
ベニシジミが開翅したが天日の雨で汚損している。
e0367158_10462837.jpg
コチャバネセセリの大きな巣があった。
e0367158_10462425.jpg
糸を切って開いてみたら丸々と育った終齢幼虫だ。風があってピンボケになってしまった。
e0367158_10461876.jpg
1♂だけいたツバメシジミだがこれも破損している。
e0367158_10461531.jpg
スジグロチャバネセセリはまだ綺麗な個体が飛んでいた。
e0367158_10460827.jpg
♀はこれから産卵して世代を繫いでいくと思うが、来年また元気な姿を見せてほしいものだ。


[PR]

by yoshikata15 | 2017-08-08 11:05 | | Comments(0)