雨の与那国(3)

東崎の展望台に行ってみた。この時は風は強いが雨はやんでいた。
e0367158_20590277.jpg
遊歩道や芝のところどころに馬や牛の糞が落ちているが、中にはこうしてキノコが生えているものが多数見られた。
e0367158_20584095.jpg
ベンチの置いてある休憩所?のようなところの屋根がこのキノコのようで可笑しかった。
e0367158_20585131.jpg
海風がまともに強く当たる厳しい条件下でゴマノハグサ科?の花を見つけた。
e0367158_20571571.jpg
e0367158_20571056.jpg
直射日光が強い条件下の場所の植物は葉が厚く多肉植物となっている種が多いように感じた。
e0367158_20564771.jpg
e0367158_21180045.jpg
棘のある木本の植物で変わった花と実をつけているが名前が分からなかった。
e0367158_20562370.jpg
e0367158_20562898.jpg
カメラを持つ手が動いてしまうほどの強風化でヒメシルビアを撮った。
e0367158_20554202.jpg

[PR]

# by yoshikata15 | 2017-11-12 21:32 | Comments(0)

雨の与那国 (2)

強風の中灯台のある東崎(あがりざき)へ行ってみた。
e0367158_21111321.jpg
海は大荒れナミが音を立てて海岸に打ち付けている。
e0367158_21110999.jpg
何もないような草付きに小さな花を見つけた。
e0367158_21110372.jpg
e0367158_21105947.jpg
多年草のソナレムグラ(アカネ科)が花をつけていた。海岸に馴染んで生えるところから「磯馴(いそなれ)ムグラ」の意味のようだ。葉は1~2.5センチくらいなので花の大きさは想像できると思う。
e0367158_21105126.jpg
e0367158_21104877.jpg
今まで見てきたイワダレソウ(クマツヅラ科)と感じが違う気がするが間違っていたらご指摘ください。「岩垂れ草」の和名ですが、地面を這って節から根を下ろすので垂れる様子はあまりない様だ。
e0367158_21104187.jpg
e0367158_21103807.jpg
ヒメマツバボタン(スベリヒユ科)が鮮やかな花をつけていた。葉の付け根に白い綿毛が付くのがマツバボタンとの区別のようだ。熱帯アメリカ原産の1年草と知って驚きを新たにした。
e0367158_21103190.jpg
e0367158_21102736.jpg

[PR]

# by yoshikata15 | 2017-11-11 21:57 | 植物 | Comments(0)

雨の与那国

雨が強いので車の中から撮影した。与那国には何回も来ているが未だ野外でヨナクニサンに会えていない。
e0367158_09371375.jpg
車で流していると色んな案内看板がある。
e0367158_10010468.jpg
e0367158_10011160.jpg
雨が直接当たらない樹林下でリュウキュウアサギが1頭いた。
e0367158_09372359.jpg
e0367158_09372765.jpg
満田原林道に入ってみた。ここは市民が憩える場所で動植物と触れ合って森林浴が楽しめる。
e0367158_09373352.jpg
e0367158_09373818.jpg
久部良岳に行く道路はゲートがあって山麓までしか行けなかった。
e0367158_09374320.jpg
数年前の台風で風力発電の羽根がもげてしまったが未だ修理していない。
e0367158_09374841.jpg
水牛のそばにはいつもサギがいる。ダイサギと思われるがサギと水牛双方にとって利益があるのだろう。
e0367158_09380043.jpg

[PR]

# by yoshikata15 | 2017-11-10 10:29 | 自然景観 | Comments(0)

宇良部岳にて

宇良部岳に登ってみたが風はますます強くなってきた。林床にヤブランのような植物があった。
e0367158_22295855.jpg
e0367158_22295075.jpg
蝶影が薄い中クロボシセセリが1頭だけいた。
e0367158_22294279.jpg
e0367158_22293762.jpg
藪の中でカメを見つけた。近づいたら手足首を引っ込めてしまったので手に持って撮影した。ヤエヤマセマルハコガメとは違う気がするのでヤエヤマイシガメ?だろうか。与那国に分布してないセマルハコガメが2012年に発見・捕獲されているので今後増えるかもしれない。
e0367158_22293034.jpg
e0367158_22292388.jpg
e0367158_22291657.jpg
2♂ウスアオオナガシジミを見たが1♂はかなりひどい破損個体だったのでカメラを向ける気がしなかったが、これは尾状突起も2本揃った割とましな個体だった。以前大発生した年には八重山に来ておらず初撮影種となった。
e0367158_22285912.jpg
風の影響の少ない場所の下草にオジロシジミ♀が止まってくれた。
e0367158_22283528.jpg

[PR]

# by yoshikata15 | 2017-11-08 23:06 | 野生生物 | Comments(0)

与那国島へ

e0367158_17202992.jpg
石垣空港から与那国島へRACで向かうが天気が怪しくなってきた。
e0367158_17211039.jpg
案の定与那国は曇りだが雨が降るよりか良いか!
e0367158_17210702.jpg
空港待合室には中学生11名が作ったクバの大笠が展示してある。
e0367158_17210323.jpg
とり会えず宇良部岳山麓に行ってみたが蝶影が非常に薄い。。ムラサキシキブに似た花が咲いていた。
e0367158_17205903.jpg
e0367158_17205606.jpg
ビロウ<クバ>は強風にあおられていた。
e0367158_17205292.jpg
内地のマスの養殖場の様な四角いプールが5つあったがここにも魚が泳いでいた。かつて養殖していた物を放置しているのだろうか。小魚ばかりだがどれだけ大きくなるのだろう。
e0367158_17204894.jpg
e0367158_17204311.jpg
昨年確認したところで今年もタテハモドキが1頭だけいた。
e0367158_17203737.jpg
シロミスジ♀は初撮影だが残念ながらかなり飛び古している。
e0367158_17203348.jpg
e0367158_17532913.jpg
風は相変わらず強くそのあと土砂降りとなる。

[PR]

# by yoshikata15 | 2017-11-07 18:00 | | Comments(2)