石垣島にて(10)

海岸を離れて市内が一望できる展望台へ向かった。
e0367158_17364107.jpg
曇り時々雨だが、今までの雨時々曇りか止み間と比べれば有難いものだ。ムラサキシジミが一瞬カラスザンショウに来たがすぐ飛ばれてしまった。
e0367158_17363389.jpg
イシガケチョウも姿を現した。
e0367158_17362923.jpg
いつもは少ないヤエヤマウラナミジャノメはマサキウラナミより見かけた。
e0367158_17362336.jpg
上の開翅写真と同じ♀個体。
e0367158_17361995.jpg
リュウキュウミスジは今回非常に少なかった。
e0367158_17361479.jpg
どこに行ってもアカタテハは見られた。
e0367158_17360985.jpg
ヒメウラナミシジミ♀のきれいな個体が撮れた。
e0367158_17360462.jpg
ツマムラサキマダラも各地にいたが新鮮個体は少なかった。
e0367158_17355950.jpg
ヒメアサギも良く見たが新鮮個体を探すのに時間を取られた。これは♀個体。
e0367158_17355363.jpg
後翅に性斑があるのでこちらは♂個体。
e0367158_17354902.jpg
腕が悪い性もあり♀の開翅の満足いくものが撮れない。
e0367158_17354570.jpg
ユウレイシジミも近くで見ることが出来た。
e0367158_17353806.jpg

[PR]

# by yoshikata15 | 2017-12-03 18:04 | | Comments(0)

石垣島にて(9)

近くに崎原嶽と云う神聖な場所があるので覗いてみた。風の強い海岸近くの為か樹が斜めになっている。
e0367158_22081281.jpg
木がお互いを支えあってあたかも1本の樹のようにになっているのは八重山らしい。
e0367158_22080642.jpg
花壇に鮮やかできれいな花が植えられていた。
e0367158_22075904.jpg
e0367158_22074372.jpg
与那国で紹介したボタンボウフウ(セリ科)だが特徴の分かる写真が撮れたので再掲する。長命草の別名のように色んな利用のされれ方があるが、朝鮮人参の代わりに利用されるのもその1つだ。
e0367158_22073451.jpg
e0367158_22072644.jpg
アメリカハグマ(キク科)はきれいな花だが、要注意外来種にされていて各地ではびこっているので困った存在になっている。
e0367158_22071937.jpg
e0367158_22071580.jpg
人家のすぐそばに咲いていたが園芸種でしょうか。
e0367158_22070976.jpg
e0367158_22070414.jpg
マメ科と思われる見慣れない花が咲いていた。
e0367158_22065730.jpg
e0367158_22065216.jpg
ヒマシ油で有名なヒマ(トウダイグサ科)が実をつけていた。種子には青酸の6千倍のリシンが含まれていて猛毒なので決して口にしないように。
e0367158_22064646.jpg
e0367158_22064198.jpg
小学校の壁画に郷土芸能と子供たちの様子が描かれていた。
e0367158_22061502.jpg

[PR]

# by yoshikata15 | 2017-12-02 23:14 | 植物 | Comments(0)

石垣島にて(8)

小山?の上に木々は茂っていたが崖?の方には植物は見られない。何か違和感を感じた。
e0367158_10135712.jpg
近くに寄ったら説明看板があった。津波によって打ち上げられた大岩だが、改めて水の力は凄いと感じる。
e0367158_10135288.jpg
ぐるっと回って全景を撮ってみた。
e0367158_10134597.jpg
e0367158_10133926.jpg
ハブソウに食痕があったので調べてみた。
e0367158_10314294.jpg
葉は喰われ茎だけになっていて蛹の殻が目立つが羽化直前の蛹があった。
e0367158_10132452.jpg
成虫も飛んできて近くの葉に止まった。
e0367158_10133376.jpg
葉を食べつくして茎をかじっている終齢幼虫もいた。この幼虫は間もなく蛹化するだろう。幼虫を見たのは40年ぶりなので感慨深いものがあった
e0367158_10132983.jpg
羽化した瞬間は見られなかったが羽化したばかりの♀はやはり瑞々しい。
e0367158_10131900.jpg
♂が3頭飛んでいたのですぐに交尾するかと思っていたが、なかなか♀を認識できず通過する時間が暫くあった。
e0367158_10131183.jpg

[PR]

# by yoshikata15 | 2017-12-01 10:56 | | Comments(0)

石垣島にて(7)

雨はやんでいたが風は依然強い。車で流していたら宮良湾の西の崎原公園についた。すぐそばに学校があるが日曜なので人けはなく静かだ。
e0367158_10150990.jpg
花壇と言うにはあまりにお粗末だが園芸種と思われるカンナ(カンナ科)が咲いていた。
e0367158_10150458.jpg
e0367158_10145915.jpg
以下のものは花壇?に植栽された園芸種と思われるが名前が良く分からない。東南アジア・アフリカ原産のトレニア(ゴマノハグサ科)とAさんに教えていただいた。
e0367158_10145531.jpg
e0367158_10145168.jpg
鮮やかな黄色が良く目立った。
e0367158_10144435.jpg
e0367158_10143981.jpg
これはヒルガオ科と思うがどうでしょうか?
e0367158_10143184.jpg
e0367158_10142682.jpg
ブッソウゲ(アオイ科)にこんな花があるとは驚いた。この花に蝶は吸蜜に訪れるものだろうか。野生種のブッソウゲには蝶が吸蜜するが園芸種には訪れないと聞いている。多分チョウたちは敬遠すのでは?
e0367158_10142225.jpg
e0367158_10141714.jpg
春ではないがヒメキランソウ(シソ科)が2輪咲いていた。これは園芸種ではないが横に這うので地被植物に利用されることがある。
e0367158_10141030.jpg
e0367158_10140756.jpg

[PR]

# by yoshikata15 | 2017-11-30 10:58 | 植物 | Comments(0)

石垣島にて(6)

相変わらず雨は降ったり止んだりなので思うように歩けない。そんな中、ヤクシマルリシジミが枯れたシダに止まってくれた。
e0367158_17331108.jpg
地面の枯葉にオジロシジミが舞い降りた。
e0367158_17330605.jpg
ヒメウラナミシジミの割ときれいな♀を見つけた。
e0367158_17330046.jpg
e0367158_17325573.jpg
ルリウラナミは良く見かけたがようやく綺麗な個体に出会った。
e0367158_17324011.jpg
タイワンクロボシシジミはボロばかりだったがこれは新鮮な♂だ。
e0367158_17324878.jpg
新鮮なアマミウラナミだが右前翅に欠けがあるのが惜しい。
e0367158_17323473.jpg
ヤエヤマムラサキは端境期なのか個体数は少ないしボロ個体ばかりだった。
e0367158_17322556.jpg
♀に比べると♂は地味な色合いをしている。
e0367158_17322095.jpg
♀は角度によって左右前翅が光って見える。
e0367158_17321592.jpg
時間も遅くなったので車に戻ってきたら傍でルリウラナミシジミのきれいな個体が吸蜜していた。
e0367158_17315719.jpg

[PR]

# by yoshikata15 | 2017-11-29 18:08 | | Comments(0)