カテゴリ:蝶( 58 )

石垣島にて(14)

石垣島最後の日になった。帰路のフライトまで少し時間があるので早めに出かけた。この時は少し薄日があったのでマサキウラナミジャノメ♂の開翅が見られた。
e0367158_00452057.jpg
同じような蝶しかいないがここにきて新鮮なヒメアサギマダラ♂が見られた。
e0367158_00444529.jpg
ツマムラサキマダラは3♂見たが♀は目撃できなかった。
e0367158_00445051.jpg
湿った地面からイシガケチョウが吸水していた。水に含まれるアンモニア、ナトリィームイオン、ミネラル?何を求めているのだろう!
e0367158_00445559.jpg
ニガクサ(シソ科)に似た花があったが良く分からない。
e0367158_00450331.jpg
ヤエヤマムラサキ♂は全て破損個体ばかりだったので次回の課題としたい。
e0367158_00450918.jpg
ルリウラナミシジミが目の前のセンダングサに止まってくれた。
e0367158_00451451.jpg
最後にマサキウラナミジャノメのきれいな♀が現れた。すぐ後に再び雨が降ってきた。
e0367158_00452623.jpg
石垣島滞在5日間の内4日雨に降られ、雲が多いが雨に会わなかったのが1日だけの天候でした。晴れ男の私ですが大型台風21号には勝てませんでした。
[PR]

by yoshikata15 | 2017-12-08 01:23 | | Comments(0)

石垣島にて(13)

これは一般的な青色型のミカドアゲハだがかなり破損している。
e0367158_17102221.jpg
e0367158_17101867.jpg
ベニモンアゲハ♀の後翅裏面の赤紋が鮮やかだ。
e0367158_17101252.jpg
シロオビアゲハも吸蜜に訪れた。
e0367158_17100873.jpg
ナミエシロチョウ♀は忙しなく吸蜜している。
e0367158_17100433.jpg
僅かに開いたので翅表が見えた。
e0367158_17100009.jpg
タイワンアオバセセリが飛来したが2枚しか撮れなかった。
e0367158_17095769.jpg
上の個体と別個体の羽化直後と思われるタイワンアオバセセリが目の前に止まってくれた。
e0367158_17095230.jpg
e0367158_17094852.jpg
ヒメウラナミシジミ♂の翅表を初めて撮ることが出来た。
e0367158_17094583.jpg
ツマムラサキマダラのヘアーペンシルは交尾の時にこれを使って♀に交尾を促すと思われ、通常は腹部に収められているがこれを出すことによってフェロモンを拡散させる。フェロモンには独特の匂いがあるが人間にとって良い香りとは思えない。
e0367158_17094167.jpg
e0367158_17093722.jpg

[PR]

by yoshikata15 | 2017-12-06 17:43 | | Comments(2)

石垣島にて(12)

石垣島滞在中雲は多いもの少し陽ざしがあり、唯一雨が降らない日だった。ヤエヤマムラサキが悠然と飛んでいた。
e0367158_18064863.jpg
e0367158_18064411.jpg
マサキウラナミジャノメの交尾個体を薄暗い藪で見つけた。交尾後の主導権は何時も♀のようだ。上になっているのは♀個体。
e0367158_18063901.jpg
ヤエヤマイチモンジがカラスザンショウに吸蜜に来たがかなりのボロ個体だ。今回八重山遠征で見た♂はこれだけだった。
e0367158_18063553.jpg
ミカドアゲハの黄色型は初めて撮れた。大破個体なので少し残念。
e0367158_18063042.jpg
標本を見るとまったく違うのに飛んでいるとナミアゲハと見間違うことがある。
e0367158_18062684.jpg
天気がずっと悪かったので少し天気が回復した時に多くの蝶が蜜を求めてひらいしている。アオスジアゲハも吸蜜に来た。
e0367158_18062179.jpg
ヤエヤマムラサキはオオイワガネ(イラクサ科)の葉裏に産卵することが知られているが、葉表に産卵中の♀を石垣市在住の方に教えていただいた。
e0367158_18061693.jpg
e0367158_18061112.jpg
卵を産み付ける瞬間を狙ったが上手くいかなかった。
e0367158_18060628.jpg
少し場所を移動したらカラスアゲハとベニモンアゲハが吸蜜していた。擦れた個体の多い中これはまだましなほうだ。
e0367158_18060289.jpg
このカラスアゲハはかなり飛び古している。
e0367158_18055929.jpg

[PR]

by yoshikata15 | 2017-12-05 18:41 | | Comments(2)

石垣島にて(11)

秋によく見かけるリュウキュウムラサキだが今回はこれ1♂しか見られなかった。
e0367158_14130290.jpg
翅表に沢山キズのある個体だ。
e0367158_14125821.jpg
でも角度によってキズが殆んど分からなくことがある。
e0367158_14125467.jpg
e0367158_14125026.jpg
傍らに羽化直後と思われる新鮮なオジロシジミがいた。
e0367158_14124614.jpg
サツマイモ畑があったので注意してみたらサツマイモの花が咲いていた。内地では見かけることが珍しいが八重山では何回か見ている。
e0367158_14124196.jpg
e0367158_14123607.jpg
普通種と言われるヒメシルビアでも非常に少なかった。
e0367158_14123170.jpg
ここでは3頭目撃したがいずれも♂だった。
e0367158_14122612.jpg
e0367158_14122277.jpg
この植物上をまとわりついて飛んでいた。羽化したばかりの♀にアタックするための行動のように感じた。
e0367158_14121781.jpg
八重山では割と珍しいカバマダラがいたが良いアングルで撮れなかった。
e0367158_14120783.jpg


[PR]

by yoshikata15 | 2017-12-04 14:35 | | Comments(0)

石垣島にて(10)

海岸を離れて市内が一望できる展望台へ向かった。
e0367158_17364107.jpg
曇り時々雨だが、今までの雨時々曇りか止み間と比べれば有難いものだ。ムラサキシジミが一瞬カラスザンショウに来たがすぐ飛ばれてしまった。
e0367158_17363389.jpg
イシガケチョウも姿を現した。
e0367158_17362923.jpg
いつもは少ないヤエヤマウラナミジャノメはマサキウラナミより見かけた。
e0367158_17362336.jpg
上の開翅写真と同じ♀個体。
e0367158_17361995.jpg
リュウキュウミスジは今回非常に少なかった。
e0367158_17361479.jpg
どこに行ってもアカタテハは見られた。
e0367158_17360985.jpg
ヒメウラナミシジミ♀のきれいな個体が撮れた。
e0367158_17360462.jpg
ツマムラサキマダラも各地にいたが新鮮個体は少なかった。
e0367158_17355950.jpg
ヒメアサギも良く見たが新鮮個体を探すのに時間を取られた。これは♀個体。
e0367158_17355363.jpg
後翅に性斑があるのでこちらは♂個体。
e0367158_17354902.jpg
腕が悪い性もあり♀の開翅の満足いくものが撮れない。
e0367158_17354570.jpg
ユウレイシジミも近くで見ることが出来た。
e0367158_17353806.jpg

[PR]

by yoshikata15 | 2017-12-03 18:04 | | Comments(0)

石垣島にて(8)

小山?の上に木々は茂っていたが崖?の方には植物は見られない。何か違和感を感じた。
e0367158_10135712.jpg
近くに寄ったら説明看板があった。津波によって打ち上げられた大岩だが、改めて水の力は凄いと感じる。
e0367158_10135288.jpg
ぐるっと回って全景を撮ってみた。
e0367158_10134597.jpg
e0367158_10133926.jpg
ハブソウに食痕があったので調べてみた。
e0367158_10314294.jpg
葉は喰われ茎だけになっていて蛹の殻が目立つが羽化直前の蛹があった。
e0367158_10132452.jpg
成虫も飛んできて近くの葉に止まった。
e0367158_10133376.jpg
葉を食べつくして茎をかじっている終齢幼虫もいた。この幼虫は間もなく蛹化するだろう。幼虫を見たのは40年ぶりなので感慨深いものがあった
e0367158_10132983.jpg
羽化した瞬間は見られなかったが羽化したばかりの♀はやはり瑞々しい。
e0367158_10131900.jpg
♂が3頭飛んでいたのですぐに交尾するかと思っていたが、なかなか♀を認識できず通過する時間が暫くあった。
e0367158_10131183.jpg

[PR]

by yoshikata15 | 2017-12-01 10:56 | | Comments(0)

石垣島にて(6)

相変わらず雨は降ったり止んだりなので思うように歩けない。そんな中、ヤクシマルリシジミが枯れたシダに止まってくれた。
e0367158_17331108.jpg
地面の枯葉にオジロシジミが舞い降りた。
e0367158_17330605.jpg
ヒメウラナミシジミの割ときれいな♀を見つけた。
e0367158_17330046.jpg
e0367158_17325573.jpg
ルリウラナミは良く見かけたがようやく綺麗な個体に出会った。
e0367158_17324011.jpg
タイワンクロボシシジミはボロばかりだったがこれは新鮮な♂だ。
e0367158_17324878.jpg
新鮮なアマミウラナミだが右前翅に欠けがあるのが惜しい。
e0367158_17323473.jpg
ヤエヤマムラサキは端境期なのか個体数は少ないしボロ個体ばかりだった。
e0367158_17322556.jpg
♀に比べると♂は地味な色合いをしている。
e0367158_17322095.jpg
♀は角度によって左右前翅が光って見える。
e0367158_17321592.jpg
時間も遅くなったので車に戻ってきたら傍でルリウラナミシジミのきれいな個体が吸蜜していた。
e0367158_17315719.jpg

[PR]

by yoshikata15 | 2017-11-29 18:08 | | Comments(0)

石垣島にて(2)

雨が一時止み、陽ざしはないが空が明るくなったらチョウたちが飛び出した。ジャコウゲハの♀が飛んできた。滞在中見たのはこの1♀だけだった。
e0367158_07384469.jpg
ヒメアサギは各地で見たが何時も良いアングルで撮れない。
e0367158_07384021.jpg
e0367158_07383604.jpg
シロウラナミシジミはボロ個体ばかりだったが、これはまだましな個体だ。
e0367158_07382685.jpg
薄暗い藪の中からマサキウラナミジャノメが現れた。
e0367158_07382088.jpg
カラスザンショウにカラスアゲハが吸蜜に来た。
e0367158_07381681.jpg
山深い道路沿いでもヤマトシジミ♀がいた。
e0367158_07381172.jpg
近づくと気配を感じてすぐ逃げてしまうが、割と低い位置にタイワンヒグラシを捉えた。
e0367158_07380626.jpg

[PR]

by yoshikata15 | 2017-11-23 08:11 | | Comments(2)

石垣島にて

雨の止んでいる場所がないか空を見ながら車を流していた。中央分離帯のある道路の右側にカラスが仰向けになっていた。交通事故にあったばかりのようで胴体下部が損傷していた。鳥に詳しいNさんによればオサハシブトガラスと言われた。ちなみにハシボソガラスは石垣島には生息していないと教えていただいた。Nさん有り難うございます。
e0367158_12261026.jpg
e0367158_12260529.jpg
どこに行っても雨はやみそうにないのでバンナ公園に立ち寄った。
e0367158_12252779.jpg
雨の止み間を無って公園内を散策した。
e0367158_12252362.jpg
案内板に従って歩くことになった。
e0367158_12251627.jpg
サンダンカの実は初めて見た。
e0367158_12250874.jpg
国外の草花も植えられているが石垣島だから地植えできる種のようだ。
e0367158_12245475.jpg
e0367158_12245093.jpg
雨のための低温、低照度のためウスキシロチョウが止まっていた。このあと雲が切れ一瞬陽ざしが出たらものすごい勢いで飛んで行ってしまった。
e0367158_12315337.jpg
e0367158_12315988.jpg
薄暗い谷間でヤエヤマムラサキが飛んでいたが♂♀とも翅表に傷のある個体だった。
e0367158_12321067.jpg
e0367158_12320578.jpg

[PR]

by yoshikata15 | 2017-11-21 13:09 | | Comments(0)

ムシャクロツバメに会いに行く(2)

河川敷を歩っているとカワウの大きな集団に出くわした。水面を滑空して着水し、すぐまた滑空する行為をしているので写真が撮りにくい。
e0367158_16460305.jpg
アオサギやダイサギも混じっていた。
e0367158_16455884.jpg
カワウはよく見かけるが6~70羽の大きな集団は珍しいとお聞きした。
e0367158_16455259.jpg
綺麗そうな個体だが翅表はやはり傷があった。
e0367158_16454700.jpg
ここではタイトゴメとツルマンネングサが食草になっているがこれはツルマンネングサのようだ
e0367158_16451749.jpg
最後に守山区のツマグロキチョウの産地に寄ってみたが、宅地造成で産地が殆んどつぶれていた。かなり歩き回ってようやく確認でした。
e0367158_16450753.jpg
逆光で撮ってみたが照射角度が良くないので逆光の良さが出ていない写真になってしまった。
e0367158_16450160.jpg
日陰に止まると前翅を深く後翅に沈めてしまい動かなくなった。このまま睡眠に入るのかもしれない。大規模な工事をしていたので、今度訪れた時に果たして世代を繫いでいてくれるのか心配しながら帰路についた。
e0367158_16445464.jpg


[PR]

by yoshikata15 | 2017-11-19 17:24 | | Comments(0)