バレンタインデー

今年もバレンタインデーがやってきた。花や葉をあしらった綺麗なチョコを妻から頂いた。植物に関心のある者にとって嬉しいものを選んでくれた。
e0367158_17412773.jpg
e0367158_17412453.jpg
ピ-ナッツやアーモンドの大好きな私好みのものは有難い。
e0367158_17412096.jpg
e0367158_17411527.jpg
いわゆるウイスキーボンボンは娘が選んでくれた。ブランディーの時のおつまみでいただこうと思う。
e0367158_17410945.jpg
e0367158_17410531.jpg
チョコレートで有名なゴディバがバレンタインデーを前に、義理チョコは止めにしましょうとキャンペーン?していた。会社勤めしたことがないので良く分からないが、人間関係を良好に保つには義理チョコは必要なのかもしれない。妻はいくつか持って会社に行った。


[PR]

by yoshikata15 | 2018-02-14 17:59 | イベント | Comments(2)

節分祭

節分となると恵方巻きの売り込みで各社がしのぎを削っている。元々は海苔業界が消費拡大で売り上げアップを狙ってての企画だった。関西のすし業界がそれに便乗して全国に広まったようだ。イベント好きの日本人に受け入れられた現象になってしまった。甥っ子がスーパーに勤めているので七福巻を頂いた。
e0367158_22050430.jpg
真の中身はこうだ。
e0367158_22044598.jpg
豪華太巻き5点セットもいただいた。
e0367158_22043277.jpg
e0367158_22042634.jpg
老人2人の家庭では量が多いので2回に分けていただこうと思う。
e0367158_22042151.jpg
e0367158_22042634.jpg
節分には豆大福を頂くことにしている。
e0367158_22051634.jpg
年に1度の贅沢、ヨモギ大福と豆大福のセット。
e0367158_22051168.jpg
美味しいお茶と一緒に頂きました。これで邪気は払えたのかな?
e0367158_22050883.jpg

[PR]

by yoshikata15 | 2018-02-03 22:37 | イベント | Comments(2)

二十四日市 続・続

以前は「バンドリ」は老夫婦が作っていたが、今は後継者もできひとまず消滅の危機は逃れたが担い手が少ないことに変わりはない。
e0367158_11110257.jpg
雨具だが作業していても蒸れないので具合良い様だ。新聞・テレビ等の取材で忙しそうだ。
e0367158_11105746.jpg
子供が着せてもらって記念撮影をしていた。
e0367158_11105178.jpg
5人のグループでじゃんけんして真中の子がモデルになった。
e0367158_11104868.jpg
照れくさそうだったが笑みがこぼれて嬉しい心が読み取れた。
e0367158_11104436.jpg
寒いのでイワナで一杯やっている人もいた。
e0367158_11102727.jpg
保育園や小学生の子供たちを多く見かけた。地域の文化に小さいころから触れるのは大変良いことだ。それが郷土愛につながり自信や誇りを持ってもらえたら嬉しいなと思っている。
e0367158_11102386.jpg
帰りに氏神様に寄ってみた。正月が過ぎたので閑散としている。
e0367158_11092779.jpg
二十四日市は荒れると言われるように物凄い降りになった。
e0367158_11092171.jpg

[PR]

by yoshikata15 | 2018-01-26 11:50 | イベント | Comments(0)

二十四日市・続

ヒノキやイチイで作る宮傘も作り手は一人だったが、宮傘愛好会を立ち上げ指導を受けながら6年間活動をして来た。会のメンバーの作った傘が当日並べてあり、師匠の作ったものと遜色ない出来に皆さんの熱意が窺い知れた。
e0367158_16241272.jpg
一番手間がかかって難しい「セミ傘」は野外で使用するのはもったいない位素晴らしい。
e0367158_16240981.jpg
紅白でコントラストを出している。
e0367158_16240677.jpg
材料が手に入りにくくなっているイチイの傘。
e0367158_16240335.jpg
海の幸・山の幸などの美味しいものの露店が立ち並んでいる。
e0367158_16240116.jpg
飛騨の花もちを出店している女性は国外の方だが中国系と思われる。
e0367158_16235871.jpg
遠くからでも音のする黒糖わりに誘われた。
e0367158_16234524.jpg
76歳の知人は「子供の頃桶から飛び散った黒砂糖をコッソリ拾って食べた」と言っていたのを思い出した。黒砂糖は買うことが出来ても加工品は地元にはないので、沖縄に行った時は購入してくることが多い。
e0367158_16234135.jpg
山仕事の必需品「かんじき」も並んでいた。雪道をトレッキングするツアーがあるがスノーシューが一番良いとは言えないし、かんじきが良いとも言えない。どちらも良い所と悪いところがあるので、地形と雪の質の状態でどちらを選ぶのかを選択することが肝心だ。
e0367158_16233753.jpg

[PR]

by yoshikata15 | 2018-01-25 16:00 | イベント | Comments(2)

二十四日市

冬の風物詩の1つ二十四日市に出かけた。いつも賑わう三町どうりは二十四日市の方に行っていて閑散としている。
e0367158_15372342.jpg
名物の朝市は3件しか出店していない。
e0367158_15371990.jpg
地元商店街のセールと香具師の出店で本来の二十四日市と違う様相を見せているが、商店街が活気づくのは良いことだ。
e0367158_15371471.jpg
いつもの様にホウノキで作った杓子が出ていた。特殊な刃物でないと綺麗に削れない。後継者養成の講習会をずっと開催しているので、この技術を次の世代の方々が継承していってほしいものだ。
e0367158_15363673.jpg
e0367158_15363117.jpg
「しょうけ」はプラスティックのざるが出来る前は、広く地元で使用されてきた台所用品の1つだ。看板を読むと改良を重ねて現在の姿になったようだ。
e0367158_15362496.jpg
雪の舞うなか実演をされていて各社の報道カメラが回っていた。
e0367158_15362069.jpg
「材料の1つスズタケが花を咲かせ一斉に枯れてしまったので来年は出来ないかもしれない」と観光協会の知人が言っていました。「どこか近隣から仕入れたらどうですか」と聞くと「どこの地区でも一斉に花を付けたので材料がない」「古いものだと粘りがなくなり竹の青さもなくなる」と言われました。材料があっても良い状態の時に使ってやらないと綺麗で丈夫なものは出来ないのですね。
e0367158_15361634.jpg

[PR]

by yoshikata15 | 2018-01-24 16:17 | イベント | Comments(0)

おせち料理

道路脇や田畑・屋根に雪はあるが、穏やかで割と暖かい新年を迎えました。子供が帰ってくるのでおせちを予約した。
e0367158_12223366.jpg
妻に任せてあったので届いたら六段重なのでびっくり仰天。
e0367158_12222441.jpg
e0367158_12222095.jpg
e0367158_12221659.jpg
お品書きがこれだ。
e0367158_12222936.jpg
e0367158_12221242.jpg
e0367158_12220770.jpg
e0367158_12220293.jpg
お雑煮を食べながら頂いたが美味しかったです。年に一度の贅沢なので良しとしましょう。まだすべてを食していないので、酒の肴として楽しみたいと思います。

[PR]

by yoshikata15 | 2018-01-02 12:41 | イベント | Comments(2)

迎春準備

一面雪化粧した中、友人宅を訪問あと神社を訪れた。
e0367158_20194196.jpg
初詣客を受け入れる準備で忙しい役員の姿が見られた。
e0367158_20195339.jpg
正月はこの参道は一杯になるが今年は雪があって正月らしくなりそうだ。
e0367158_20195608.jpg
この門をくぐると本殿が見えてくる。
e0367158_20200085.jpg
子供の入試の時はよく参拝に来たが近年は足が遠のいている。
e0367158_20200356.jpg
神社らしく太い杉の樹が厳かに聳えたっている。
e0367158_20201145.jpg
ヒノキの大木は市の天然記念物に指定されている。
e0367158_20201668.jpg
当然のことだが、長い参道を下る途中でほかの参拝者に会うことは無かった。
e0367158_20200876.jpg

[PR]

by yoshikata15 | 2017-12-29 20:49 | イベント | Comments(2)

感謝の会

先日かかわりのある小学校から「感謝の会」に呼ばれた。クラブの講師や学年の講師、安全サポーターなど16名の方々だった。クラブ講師はお茶・イラスト・尺八・手品・音楽などで、学年講師はリース作り・福祉体験学習・米作りなどを教えて見える。安全サポーターは登下校の見守り等を行って見える。私は郷土に生息するギフチョウの捕獲や飼育体験を子供たちと一緒に楽しんでいるだけなのだ。4年生の女子児童から立派な寄せ植えの花を頂いた。
e0367158_21253808.jpg
プレゼントを頂いた後ちびっこ太鼓の演奏があった。学校のすぐそばを流れる川、雨ごい、豊作祈願などのテーマで力強く演奏された。実質1年間でよく覚えたものだと感心するばかりだった。「感謝の会」が終わると6年生は役目が終わり、5年生に法被など道具一式が渡された。親御さんは子供の晴れ姿をビデオに撮って見えました。我々は来賓席に座っていてカメラの用意が出来ていなく撮れませんでした。
この小学校は先生や子供たちもファーストネームで呼び合っている。名字は特殊なもの以外普通に読めるが、最近は名前を聞いても漢字が浮かばないケースが多く先生も大変でしょう。近年子供が被害に遭う事件が良くあるので、数年前は防犯の為か名札を付けていないので、全く名前を覚えることが出来ませんでした。可愛い子供たちから頂いた花なので、水やりを怠らずに長く花を楽しみたいと思う。
e0367158_21254359.jpg

[PR]

by yoshikata15 | 2017-12-09 22:24 | イベント | Comments(2)

小学校の運動会(2)

「ええじゃないか」のタイトルで歌に合わせて1・2年生が踊ってくれた。保育園のお遊戯の成長番といった感じでとてもかわいらしい表情でした。
e0367158_09401784.jpg
1.2年生と比べると3.4年生のリレーは逞しくなっている。
e0367158_09395167.jpg
「みんなでジャンプ」は小中合同なので中学生が小学生を気遣う姿が見られた。
e0367158_09394059.jpg
e0367158_09393558.jpg
「棒引き」は中学生の競技で砂煙を上げての熱戦だった。
e0367158_09392559.jpg
「大縄跳び」中学の学年対抗で3年生が勝利した。これは年の功か技術の差か、飛ぶ人も回す人も30回を超えると大変重労働になるが若いから良いか。
e0367158_09391667.jpg
中学生によるフォークダンスは男女の比率が合わないので先生も参加した。勿論これも競技の一部で審査員は来賓の人たちが行った。オクラホマミキサーとマイムマイムにオリジナルを入れて、どれだけ楽しそうにやるかが採点のポイントだ。
e0367158_09390230.jpg
e0367158_09385734.jpg
子供の頃運動会のテントの中にいた来賓の方々は、いったいどんな偉い方なの?と思っていました。仕事と趣味で呼んでいただいているだけなのに、何か気恥ずかしい気がする。小学三年生のときに知り合った子供たちが、心も体も成長した姿の中学三年生を見れたことが大変うれしかった。

[PR]

by yoshikata15 | 2017-09-13 10:28 | イベント | Comments(2)

小学校の運動会(1)

地元の小学校の運動会に呼んでいただいたので見に行ってきた。子供が少ないので昨年から小中合同で運動会をすることになり、今年は小中合同ででの競技もプロミングされている。まずは大玉送りから始まった。
e0367158_17142548.jpg
e0367158_17143080.jpg
小学5・6年生によるせせらぎ渡りは背中に乗って進んでいく競技で、両脇から落ちないように支えていく人が大変そうだ。
e0367158_17153295.jpg
「燃えろ闘魂」は腰と頭に付けた棒を取る競技で中学1年生が俊敏さを争った。
e0367158_17144762.jpg
小学1・2年生の半周のリレー。一生懸命さに思わず涙がこぼれてしまう。
e0367158_17150770.jpg
e0367158_17151114.jpg
中学3年の「心を一つに」11人の紅組はゴール手前でコケてしまった。
e0367158_17154159.jpg
小中PTA対抗綱引きは若い成年なので迫力満点だった。
e0367158_17162642.jpg

[PR]

by yoshikata15 | 2017-09-12 17:39 | イベント | Comments(0)