石垣島にて(5)

砂浜でオオジシバリ?(キク科)によく似た花を見た後は山のほうに向かった。
e0367158_17051815.jpg
e0367158_17051483.jpg
ハブソウ(ジャケツイバラ科)が花と鞘を付けていた。江戸時代に毒蛇咬まれた時の民間薬として導入されたようだ。ハブソウはハミ草、マムシ草の意味で、蝮に咬まれた時にこの草汁をつけたら良いということから名が付いたようで、毒蛇ハブにちなんで名付けたのではない。合衆国南部から熱帯アメリカが原産地といわれる。
e0367158_17055508.jpg
e0367158_17055039.jpg
e0367158_17054514.jpg
クチナシ(アカネ科)は数本見たが実が付いていつものはわずかだった。
e0367158_17053913.jpg
見は料理や染め物の染料としてよく使われている。
e0367158_17053320.jpg
少し湿った場所でナガバハリフタバムグラ(アカネ科)が咲いていた。葉は十字対生で光を効率よく葉に当てる仕組みをもっている。
e0367158_17052972.jpg
e0367158_17052430.jpg
内地にもいるアカタテハは今羽化の時期なのか、いろんな場所で新鮮個体をよく見た。
e0367158_17050928.jpg
タイワンクロボシシジミ♀が吸蜜に来た。
e0367158_17050533.jpg
タイワンクロボシの♂は殆んどボロで撮影意欲が湧かなかった。
e0367158_17050145.jpg

[PR]

by yoshikata15 | 2017-11-28 23:16 | Comments(0)

雨の与那国(3)

東崎の展望台に行ってみた。この時は風は強いが雨はやんでいた。
e0367158_20590277.jpg
遊歩道や芝のところどころに馬や牛の糞が落ちているが、中にはこうしてキノコが生えているものが多数見られた。
e0367158_20584095.jpg
ベンチの置いてある休憩所?のようなところの屋根がこのキノコのようで可笑しかった。
e0367158_20585131.jpg
海風がまともに強く当たる厳しい条件下でゴマノハグサ科?の花を見つけた。
e0367158_20571571.jpg
e0367158_20571056.jpg
直射日光が強い条件下の場所の植物は葉が厚く多肉植物となっている種が多いように感じた。
e0367158_20564771.jpg
e0367158_21180045.jpg
棘のある木本の植物で変わった花と実をつけているが名前が分からなかった。
e0367158_20562370.jpg
e0367158_20562898.jpg
カメラを持つ手が動いてしまうほどの強風化でヒメシルビアを撮った。
e0367158_20554202.jpg

[PR]

by yoshikata15 | 2017-11-12 21:32 | Comments(0)

背割提を歩く(1)

木曽・長良・揖斐の三川の輪中地区は常に洪水に襲われていたが、宝暦治水や明治改修によって改善された。その背割提を河口に向かって歩いてみた。
e0367158_09265976.jpg
碑がたっているところには大きなエノキが植わっていた。
e0367158_09270765.jpg
河口までの道のりはまだ遠い。これは今来た道を振り返ったショット。
e0367158_09273589.jpg
藪化した下草にジャコウアゲハが静止してくれた。
e0367158_09275681.jpg
河口まではまだ24kmもあるのでとても遠い。
e0367158_09274340.jpg
林と堤の間に曼珠沙華が咲いていたが、津谷川堤防と比べるとこちらの方が色が良いものが多い
e0367158_09322212.jpg
突然ウラギンシジミが右手に乗ってくれたが、ぎこちない動作で左手でカメラを操作するのは大変だった。
e0367158_09295246.jpg
同じ個体だが非常に新鮮な♂だった。
e0367158_09295537.jpg

[PR]

by yoshikata15 | 2017-10-05 10:15 | Comments(0)

東濃地方を歩く

数年ぶりに東濃地方の春を訪ねた。今ではあまり田畑で見ることが出来ないレンゲソウが出迎えてくれた。その後田畑一面のレンゲソウに遭遇し嬉しくなってしまった。
e0367158_21465975.jpg
枯草の原野にコツバメが忙しなくテリ張りをしていた。
e0367158_21480501.jpg
梢ではヤマガラが大きな声で歌うように囀るっていた。
e0367158_21475134.jpg
緑に覆われ始めた農道の法面にベニシジミが開翅した。
e0367158_21471739.jpg
天気が良いので成虫越冬したルリタテハが樹の幹で日向ぼっこしている。
e0367158_21475831.jpg
園芸種と思われるスミレに一瞬ツマキチョウが吸蜜に訪れた。
e0367158_21472750.jpg
地元より10日以上季節が進んでいるので春の気分をいっぱい味わい、ハッピーな気分で帰郷した。

[PR]

by yoshikata15 | 2017-04-30 22:17 | Comments(2)

八重山チョウ撮影行 6

今日の石垣島も曇天で時々雨なので雨の降ってない地区を回ってみる。比較的新鮮なリュウキュウミスジが開翅してくれた。
e0367158_11541571.jpg
天気が悪く低温なのでヤエヤマカラス♀が翅を広げてじっとしていた。
e0367158_11542436.jpg
イシガケチョウが飛んでいきなり葉裏に吸い付くように止まった。地上30センチくらいの所なのでローアングルで撮った。
e0367158_11542734.jpg
晴れているとあまり明るくない木漏れ日の所を翔ぶクロテンシロチョウは、気温が低く曇天で照度も不足しているので道路端に出てきてくれた。
e0367158_11552976.jpg
薄日が差して気温が上がってきたらジャコウアゲハが飛び出した。本土のものと比べると後翅裏面の赤紋が鮮やかできれいだが毒々しくもある。この蝶は毒蝶で鳥が1度ついばむと2度と食べないと言われています。
e0367158_11545285.jpg


[PR]

by yoshikata15 | 2017-03-10 12:29 | Comments(2)

今日も雪かき

昨夜降り積もった雪と除雪車による塊の雪を、午前中掛かって田んぼに運びました。
除雪車は道路の雪はよけるが、そこからあふれ出た雪を各家において行くので有難迷惑なのが現状です。朝早く雪をよけたのにあとから除雪車が来て、大量の雪をおいて行くことがあるので除雪車が去ってからやるようにしています。
e0367158_21285336.jpg
屋根に6~70センチ積もっているのでこれで晴れて溶けたり、雨でも降って重量が増すと樽木が折れる可能性があります。
e0367158_21284721.jpg
そこで竿に先に鎌を付けた道具の登場です。
e0367158_21282601.jpg
これで切って落としました。気をつけなければいけないのは竿を伝って雪が体直撃することがあります。竿を持っているので避けることが難しく何回か直撃に遭いました。でも今回は顔面直撃はうまく避けられました。

[PR]

by yoshikata15 | 2017-01-16 21:52 | Comments(0)

大雪になりました

今朝起きた
e0367158_22153859.jpg
らすごい雪になっていました。車が出せないので雪かきをしました。朝7時の時点で積雪54㎝、その後も雪は降りやまず午後3時過ぎまでかかってスノーダンプで30回以上雪を捨てに行きました。この地へ移って30年になるが以前は田畑がありすぐに捨てることができたが、現在は約100m以上運ばなくては捨てることができません。
今町内の班では2番目に入ったことになり古株になっています。老体には過酷すぎる作業でした。

[PR]

by yoshikata15 | 2017-01-15 22:26 | Comments(2)