九州へ 3

3日目は九州山地の奥深いところへ行った。非常に貴重なゴイシツバメシジミを見れるかもしれないと、淡い期待の元現地で待った。朝早く突然飛来したがシャッター押す前に高い梢に飛ばれてしまった。その後全く見ることが出来ないので眼前で本種と確認できたので「まぁ見れただけでも良かった」と自分でなぐさめていました。
e0367158_21152099.jpg
1時間以上経過してふと地面を見ると下に降りて来てくれた個体がいました。夢中でシャッターを切ったがとにかく小さい蝶だ。
e0367158_21161056.jpg
吸水中も蝶は良く動くことが多いが、これは動きが殆んどないので撮りやすい。ナトリウムイオンやアンモニア分を取り込むために給水すると言われているが、余分な水分はお尻から排出される瞬間が撮れた。
e0367158_21160127.jpg
これはアングルは一緒だが連続写真ではない。
e0367158_22060201.jpg
地面から飛んだ個体は葉上で少し翅を開いてくれた。
e0367158_21164781.jpg
これが食草のシシンラン(イワタバコ科)だが、生息数が多い蝶ではないのにシシンランの盗掘で数が減っているのでチョウも年々減少しているようだ。
e0367158_21170194.jpg
イシガケチョウが2♂いるのに何時も離れて吸水していたが、ファインダー内に収まるように止まってくれたので撮ることが出来た。
e0367158_21173734.jpg

[PR]

by yoshikata15 | 2017-07-16 22:34 | | Comments(2)

Commented by あぜみち at 2017-07-24 15:11 x
yoshikata15さん あぜみちです。
九州遠征の画像拝見しました。
ゴイシツバメシジミ素晴らしいですね、出会えた感動が伝わってきました。
ポンピングの瞬間を写し止められてさすがです。
拡大するとピントも良くてしっかり撮られているのですね、一生残る記念すべき画像ですね。
Commented by yoshikata15 at 2017-07-29 22:03
あぜみちさんこんばんわ。コメントに気づかず遅レスで申し訳ありません。
ゴイシツバメはおまけのような感じで臨んだのですが、良い瞬間を撮ることが出来ました。「守る会」や地元の方々の環境保全が行われているので、世代を繫いでいるのを強く感じた遠征でした。